オバ体型が加速!? 働き女子が「どんどんメタボになっちゃう」要因4つ

by

美容・健康

ダイエット, 睡眠, 老化

オバ体型が加速!? 働き女子が「どんどんメタボになっちゃう」要因4つ

人間の体は、何もせずとも自然にエネルギーを消費するようにできている。だからといって「じゃあ運動しなくても大丈夫ね!」などと言っていては、年齢が上がるとともに基礎代謝がどんどん落ち、メタボ街道まっしぐらだ。

毎日8時間働きづめで時間に余裕がなく、生活習慣や食生活も乱れがち。エクササイズをする時間もなかなか取れないため、ふと気づくと、「げっ、私……オバサン体型になってる!」などということが起こる可能性が高い。

そこで今回は、英語圏の健康情報誌『Women’s Health』のサイト記事を参考に、働く女性がメタボに陥ってしまう要因をご紹介しよう。

 

■1:食事の時間が一定ではない

朝ごはんは起きた時間によって食べたり、食べなかったり。ランチは「仕事が終わったときに!」摂るのでまちまちの時間に。夜はお腹が空いたら適当に食べる……なんて食生活を送っていないだろうか?

イスラエルのヘブライ大学が行った研究によると、同じ高カロリーの食事をネズミに与えた場合、一定の時間に食べたネズミはまちまちの時間に食べたネズミより体重の増加が少なかったそうだ。

食事の時間が一定でないと、基礎代謝が落ちてエネルギー燃焼量が少なくなるようである。気をつけよう。

 

■2:座っている時間が長い

内勤で働く女性は1日をずっと座って過ごしがち。そうするうちに、代謝がスローになるばかりか、がんなどの病気にかかりやすくなる場合もあるという。

オフィス勤務なら座って仕事をするのはやむをえないが、1時間に1度は立って社内を歩き回ったり、移動に階段を使う、通勤時は立つか歩く、ランチ休憩中に散歩に行くなど、勤務中でも体を動かす手段を考えよう。

 

■3:睡眠時間が足りない

人間の体は、もちろん睡眠中もエネルギーを消費している。しかし、睡眠時間が減ることで、その消費量が減少するという。

もちろん、睡眠不足だと翌日「ぐったりして、エクササイズなんてできない……」という事態に陥る。とどめに、睡眠時間が足りないと、かわりに食欲が増進するというから恐ろしい!

 

■4:栄養が不足している

「ダイエット中だから……」といって食事の量を極端に少なくしたり、栄養素のバランスが崩れたりすることで、エネルギーの燃焼に必要なカルシウム、鉄分、タンパク質などの栄養素が不足し、かえって基礎代謝が落ちることがあるという。これでは、ダイエットをやめたとき、リバウンドで以前より太ってしまうことも考えられる。

減量をしたいのなら、栄養素のバランスを考えながら、食事の量や献立を考えよう。

 

以上、働き女子が知らぬ間にメタボに陥ってしまう意外な要因を紹介したが、いかがだろうか?

「ダイエットを頑張っているのに、なんで痩せないのかしら……」と不思議がっているあなた、もう一度普段の生活習慣を見直してみれば、答えが出てくるかもしれない!

 

【関連記事】

むしろ始めないほうが損!? 働き女子にこそ「ヨガがオススメ」な理由6つ

メリットだらけ!働き女子にこそ「エクササイズが絶対必要」な理由6つ

これで体のメリハリを維持!働く女性のための「体重増加を防ぐ」8つの習慣

食欲の秋は目前!今すぐ始める「動かずにできる」痩せやすい体作り術

内側からスッキリ!仕事で溜まった疲れを癒す「デトックスフード」6つ

 

【参考】

10 Things That Slow Your Metabolism – Women’s Health

ピックアップ記事一覧