転職時には要チェック!「企業のリアルな姿」がわかる有益な情報源3つ

by

仕事

人間関係, 転職, 面接

転職時には要チェック!「企業のリアルな姿」がわかる有益な情報源3つ

就職や転職を考えたとき、まずは転職サイトなどを見て求人情報を収集したり、気になる企業のホームページをチェックしているのではないだろうか?

もちろんそれも間違いではなく、むしろ最初に行うべきことである。しかし、日本法規情報株式会社の調査結果によると、“企業イメージに影響を与えた情報”として、会社のホームページはランク外だったようだ。

では、一体何が企業のイメージに大きな影響を及ぼすのだろうか? ある企業のイメージを正確につかむために、何をチェックすればよいのだろうか?

そこで今回は、 転職時にホームページ以上に重要になる“企業情報”のチェック方法について、ご紹介していこう。

 

■1:現在働いている人のSNS等の情報

同調査で、企業イメージに影響を与えたものとして1位だったのは、“現在職場で働いている人の情報(SNS等)”が29%である。2位も、“過去、その職場で働いていた人からの情報(SNS等)”が26%と、半数以上が、人から直接得られる情報と回答している。

もしあなたが、Facebookで働き先を記載して公開で何かを書き込んでいたりしていると、それが企業のイメージに大きく影響を与えるということである。

逆に、転職活動において興味のある企業がある人は、このような現場の社員のアカウントがないか探してみると、実際にどんな人が働いているのか、企業研究の一つとしてイメージが湧きやすいのではないだろうか。

 

■2:企業の応対等に関するネットでの口コミ

次に影響を与えるとされているのが、“企業の応対等に関するネットでの口コミ”で、22%。最近は元社員や現役社員が匿名で書き込める口コミサイトも増えている。

匿名とはいえ、多数の人が影響を受けているようだ。転職を考えている際は、口コミを参照してみるのも一つであろう。

 

■3:電話での企業の応対

やはりおろそかにできないのが“電話応対”である。実際に電話応対をするのは、派遣社員やアルバイトに任せている会社も多いが、企業のイメージに大きく影響を与えているのが実態だ。

電話応対に疑問を感じる会社は、顧客に対する意識が低いと判断してもいいのかもしれない。

転職時には要チェック!「企業のリアルな姿」がわかる有益な情報源3つ

 

以上、転職時にチェックしておきたい、企業のイメージに影響を及ぼす情報についてご紹介したが、いかがだろうか?

転職を検討している人も、現在働いている人も、どちらもが注目すべき調査結果だったのではないだろうか。

どちらにしても、企業に属している限り、自分もその企業の顔であるということを忘れてはいけないのである。

 

【関連記事】

さ…サボってないよ!PC画面を「素早く隠したい時」使えるショートカット2つ

どうせ自分なんて…働き女子を不幸にする「NG思考パターン」4つ

働き女子の食卓に!どこのスーパーでも買える「人気ダイエット食品」4つ

「いつかは転職!」と考えている働き女子がすぐに始めておくべきこと3つ

今年こそ転職!とメラメラしてる働き女子への「面接時の注意点」4つ

 

【参考】

※ 「企業イメージに影響を与えた情報」に関するアンケート調査 - 第1位はダントツで「SNS」 – 日本法規情報株式会社

 

【画像】

Johan Larsson

ピックアップ記事一覧