断食不要!働き女子にオススメの「10日間で体をデトックス」する方法

by

美容・健康

ストレス, ダイエット, 料理

断食不要!働き女子にオススメの「10日間で体をデトックス」する方法

秋も深まってきた今日このごろ。そろそろ肌寒くなり、温かいコートも必要になる日も近い。

それなのに、夏に遊びすぎたツケや、度重なる残業の影響がまだ体に溜まっていて、「なんだかいつも疲れていて、だるいし、やる気も起きない……」ということはないだろうか?

フルタイムで働く女子は、とかく自由な時間が少ない。それなのに、疲れやストレスが溜まっていたのでは、帰宅したらもうグッタリ、ということにもなりかねない。

そんなときは、体に溜まった毒素を排出するための“デトックス”をしよう。

「ええ! ジュースだけとか、断食とか無理!」という方もいるかもしれないが、大丈夫。きちんと食事を摂りながらでも、デトックスはできる。

今回は、英語圏の美容健康サイト『well+GOOD』の記事から、食べながらカンタンにできる“10日間デトックス”の方法を紹介しよう。

 

■食生活から排除すべき食品

デトックスをするには、まず普段の食生活をじっくりと見直してみよう。ジャンクフードやスイーツ、アルコール、脂っこい食品ばかり食べていないだろうか? もしかしたら、遊んだ疲れだけではなく、毎日の栄養バランスの悪い食事や、コンビニの弁当、砂糖や塩分の摂りすぎなどで、慢性的な疲労感を感じているのかもしれない。

デトックス中は、上記の食品はもちろん、疲労やアレルギーの原因となる可能性のある加工食品や、大豆製品、コーヒー、乳製品、生の魚、小麦などの穀物を排除しよう。

 

■デトックス中に食べられるもの

朝のコーヒーがないのはつらいところ。しかしぐっとガマンして、起きたらまずコップ一杯の水にレモンを絞って飲もう。朝ごはんは色とりどりの果物や、野菜と果物で作ったスムージーで楽しく。

ランチにはたっぷりのサラダに、脂肪分の少ないグリルドチキンをのせたお弁当を作って会社へ持っていく。

オフィスにいる間は、水や緑茶などを十分に飲んで、水分補給と同時にお腹が空くのを防止する。おやつには果物やナッツ類がいい。

ディナーは、同じくサラダや温野菜など野菜を多く食べるようにして、ジャガイモやサツマイモで炭水化物、焼いた魚や鶏肉などでタンパク質を摂取しよう。

 

以上、10日間で食べながら簡単にデトックスを行う方法を紹介したが、いかがだろうか? ちなみに、これはあくまで期間限定のものである。

期間中、メニューが単調になったり、栄養が偏るのを避けるために、野菜や果物の栄養分をしっかり把握し、種類や調理法にバラエティをつけ、味付けも変えてみよう。

10日間という期間が長すぎたり、「勤務中はムリ!」という場合は、期間を短縮したり、厳しいデトックスは週末だけにしても効果はあるだろう。

食事だけでなく、デトックス中はエクササイズをしたり、しっかり睡眠をとるなど、生活習慣を整える努力もしてみよう。終わったあとにはきっと違いが見えるはずだ。

 

【関連記事】

内側からスッキリ!仕事で溜まった疲れを流す「デトックスフード」6つ

こんな症状は要注意!「ホルモンバランスの乱れ」意外なサイン3つ

こっそり暴露!スリムな同僚が「絶対あなたに教えない」食生活の秘密

大事なプレゼン前は避けて!食べ過ぎると「むくみ」を引き起こす食品4つ

働き女子はぜひ飲んで!「朝一杯のコーヒー」が与えてくれる4つのメリット

 

【参考】

How to do a 10-day food detox – well+GOOD

ピックアップ記事一覧