働き女子の美しき先駆者!「ココ・シャネルの名言」から学ぶ3つの知恵

by

仕事

ビジネススキル, ファッション, モチベーション

「憧れのブランドは?」と聞かれて、「シャネル」と答える女性は多いだろう。品がありゴージャスで、洗練されたアイテムは、時代を超えて今もなお世界中の女性から愛され続けている。

そんなシャネルの創設者ココ・シャネルは、“古い価値観にとらわれない女性像”をポリシーにして、当時はまだ存在しなかったコルセットのない服をデザインし始め、女性の自由への解放を世に訴えかけた第一人者だ。

現代よりも女性の社会的価値は低く、キャリアアップを目指す女性などほとんどいない時代に、一匹狼になりながらも逆行に立ち向かっていった彼女の存在は、働く女性の先駆者ではないだろうか。

そんな彼女の人生は波乱に満ちていたが、デザイナーとしてのキャリアは着実に前進し、一人の女性としていつも周りを魅了する人物であったという。

そこで今回は、ココ・シャネルの評伝『Coco Chanel: The Legend and the Life』を参考に、働く女性に贈る“ココ・シャネルの名言”3つをご紹介しよう。

 

■1:失敗は必然的なものと捉える

<「成功は、多くの場合、失敗が必然的であることを知らない人によって成就されるのよ。」>

彼女は失敗を嘆くのではなくポジティブに捉え、その失敗を踏まえて次にどうすべきかを冷静に考え、行動に移していたという。

実際仕事で失敗を犯した時には、どうしても落ち込み、諦めてしまうこともあるだろう。でも努力をしたからといって、それに比例して結果が表れるとも限らないし、時には正しいことをしていても、失敗したり評価を下げてしまうこともある。

だからこそ、それらの失敗をあらかじめ“必然的なこと”だと潔く受け止められる心を持っていれば、失敗を成功に繋げることができるのだろう。

 

■2:身だしなみの重要性を心得る

<「良い第一印象を作るチャンスは二度とないわ。その日、ひょっとしたら運命の人と出会えるかもしれないじゃない。その運命のためにも、できるだけかわいくあるべきだわ。」>

どんな時でも女として、身だしなみへの配慮を忘れなかった、ココ・シャネルらしい言葉だろう。そして上品でエレガントなシャネルのアイテムは、細かいところまで精密に計算され、女性をよりキレイに引き立てるように作られている。

仕事上でも、第一印象は重要だ。働く女性は忙しさのあまり、ついつい身だしなみに手を抜いてしまうこともあるが、女性として外見の重要性は忘れずにいたい。

 

■3:自立した女性であり続ける

<「あえて一人でいることを大切にする時もあっていい。自分の価値観を他人にあれこれ言われたりするのは嫌。」>

スマホやSNSのおかげで、常に誰かと繋がっていることができる現代。それは外との関係を幅広く持てる反面、自分と向き合う時間がどんどんなくなっているということでもある。

周りに流されることなくしっかりと地に足をつけて強く立っているためには、あえて“おひとりさま”の時間を作ることも必要だ。

他人からのジャッジを何も気にすることなく、自分だけの世界に入ることで“自己”が確立され、一人の人間として魅力が増していくのではないだろうか。

 

以上、今回はキャリアも女も諦めない働く女性に贈る“ココ・シャネルの名言”3つをご紹介したが、いかがだっただろうか?

“女性の美しさと自由”を生涯のテーマにしていたココ・シャネルは、身体と精神の解放を手に入れ自立した生き方を求めていたようだ。

ココ・シャネルの想いを引き継ぎ、今もなおフェミニズムの思考を表現するシャネルは、これからも自由を片手に躍動する女性の味方であり続けるだろう。

 

【関連記事】

松下幸之助の名言に学ぶ!「自分の仕事の価値」を正しく発見するヒント

土光敏夫さんの名言に学ぶ!「デキる女性社員」こそ意識すべき3つのこと

ビル・ゲイツに学ぶ!いい仕事をするためには「失敗」が必要なわけ

あなたにもできる!「成功してる人が実践している」8つのプリンシプル

成功確率60%なら迷わずGo!仕事で「結果を出せる」達人の考え方とは

 

【参考】

※ Justine Picardie(2011) 『Coco Chanel: The Legend and the Life』(It Books)

 

【画像】

※ Bestseller.md

ピックアップ記事一覧