お客様の接待にも!訪日外国人が絶対に喜ぶ「東京の新名所」定番5つ

by

仕事

グルメ, コミュニケーション, 旅行

観光で日本を訪れる外国人が増えている。日本政府観光局(JNTO)によると、2014年の訪日観光客は過去最高を記録したそうだ。2020年開催のオリンピックにむけて、国も海外からの観光客を迎え入れる体勢を着々と整えている。

それは観光だけではない。年々グローバル化が進むなか、仕事上での海外との交流も増え、外国企業からのお客様が日本へ出張に来る機会も、今後どんどん増えていくだろう。

わざわざ日本へ足を運んでくれた仕事関係のお客様には、日本の良さを120%感じて、大満足の出張にしてもらいたいものだ。でも、東京を訪れた海外のお客様を、どんなところに連れていけば喜んでもらえるのだろうか?

そこで今回は、アメリカのラグジュアリー旅行誌『DEPARTURES』のサイト記事を参考に、海外のお客様を連れて行くと絶対喜ばれる“東京の新名所”5つをご紹介しよう。しっかり抑えておけば、急に接待役をふられても安心だろう。

 

■1:マンダリン オリエンタル 東京

“天に手が届くホテル”と表現された、日本でも有数の高級ホテル。同誌では部屋はもちろんのこと、スパ、アメニティ、サービス全てが絶賛されている。まさに日本の“おもてなし”を感じてもらうことのできるホテルなのだ。

ホテルが地下鉄の駅から直結しているのも、古い建物が多い海外ではなかなか無く、大変珍しいことだ。

 

■2:ラーメン屋

欧米ではラーメンブームが数年前から続いており、日本食で一番好きな物は「ラーメン」と答える外国人も多いという。

日本人にとってラーメンは庶民的で、気軽に食べられるものだが、外国人にとっては少し値の張るヌードルというイメージだろう。筆者が住んでいたニューヨークでは、ラーメンは約$15(約1,800円)程度で、プラス10%程度のチップがかかる。

日本で本場のラーメンを美味しく食べてもらえれば、きっとお腹も心も満足してもらえるだろう。

 

■3:築地市場内の寿司屋

ラーメンよりももっと前から寿司は海を渡っており、“日本=寿司”というイメージも根強い。とくに築地市場内の独特の雰囲気は、外国人の目には興味深く映るようだ。

日本の寿司は魚の鮮度も味も違ううえに、日本でしか食べることのできないネタ(ウニやウナギなど)も多い。そういう日本ならではの珍しいネタにトライしてもらうのも、良い思い出になるはず。

 

■4:森美術館

日本の現代アートに触れることのできる森美術館は、東京の注目スポットだと同誌では紹介されている。日本のアニメやキャラクターは海外で高く評価されているため、美術館で本格的なアートを見てもらうことで、日本人とは違った目線で新たな発見をしてくれるかもしれない。

 

■5:代官山TSUTAYA書店

3つの建物からなる代官山TSUTAYA書店は、洋書も多く取り揃え、外国人にも大人気だ。購入せずとも本を自由に持ち運び読むことができる書店は、おそらく日本だけだろう。

本を汚すことなくきちんと元の位置に戻し、万引きなどをすることもない、という日本人にとって当たり前のことが、外国人にとっては“規律のある素晴らしい人々だ”と高く評価されるポイントになるという。

旅の手配をしてくれるコンシェルジュも常時しているため、日本滞在中に東京以外に足を運びたい外国人にはとくに喜ばれるサービスだろう。

 

以上、今回は海外のお客様を連れて行くと絶対喜ばれる“東京の新名所”5つをご紹介したが、いかがだっただろうか?

日本人にとっては当たり前のことも、海外の人からすると驚き、感動してもらえることが多々ある。独特の文化や食に触れてもらい、良い印象を残してもらえれば「日本とますます仕事がしたい」となって、ビジネスも円滑に進むことが期待できるだろう。

 

【関連記事】

※ 来日外国人はこう感じてる!海外転勤で「戸惑いを隠せない」ポイント3つ

※ やっぱり変!? 外国人が戸惑いを隠せない「日本のビジネス文化」3つ

※ 調子に乗って使うと「外国人がドン引きする」英語の間違った使い方3つ

※ アレってどうなの?外国人が謎に思ってる日本のビジネスファッション3つ

※ イラっとされてた!? 外国人が見た「日本人のビジネス対応」の残念ポイント

 

【参考】

Things To Do In Tokyo – DEPARTURES

 

【画像】

※ Sean Pavone

ピックアップ記事一覧