太る原因は仕事の●●!働く女性が「自然にやせる体を作る」方法4つ

by

美容・健康

エクササイズ, ストレス, ダイエット

仕事のプレッシャーや人間関係、お金などが原因で、日に日に溜まっていく働き女子のストレス。いったいどうやって解消しているだろうか?

日中ずっと会社にいることも多い人にとって、そんなストレス発散の一番手っ取り早い方法が“食べること”という。

「あ~っ、もうむしゃくしゃする!」と、近くのコンビニへお気に入りのスイーツを買いに行ったり、会社にあるお菓子をやけ食いしたり、お昼に高カロリー食を食べ過ぎたりしていないだろうか?

医師によると、ストレスによる食べすぎなどで太る人は非常に多いという。デブ化を防ぐためには、ストレスをうまく解消するのが近道だ。

そこで今回は、海外の健康情報サイト『Prevention』の記事を参考に、“ストレスを解消して痩せる体を作る方法”をご紹介しよう。

 

■1:休み時間に外を歩く

エクササイズはストレスを撃退する効果的な方法だ。「1日中働いているから、運動なんてする時間ない」という場合、ランチタイムを20分短縮し、会社の周辺を歩いてこよう。

医師によると、週3回、18分間歩くだけで、ストレスレベルが15%減少する研究結果が出たという。これで、ランチタイムの後もすっきりした頭で仕事にかかることができそうだ。

 

■2:帰宅後に腹筋と腕立て伏せ

「ストレス解消に筋力運動!?」と驚くなかれ。そう、なんと筋肉を動かすだけで、瞬間的に体が“ストレスを解消した”と騙され、気分が上がるそうだ。

前項のウォーキングもそうだが、運動をすることで血液中のストレスホルモンが腎臓に流され、外に出て行くという仕組みだという。

運動した後に水を飲むと、ストレスが早く流される助けになるかもしれない。筋肉を鍛えることで燃焼するカロリーがアップするので、一石二鳥である。

 

■3:食事をゆっくり摂る

「ああ、もう、忙しすぎて食べるヒマもない……」というとき、人間は食べ物をかき込むように口に入れ、食事を終わらせることが多い。

しかし、早食いをすると満腹感を十分に感じることができず、すぐにお腹が空いてまた食べ物に手を出す……という悪循環に陥りかねない。

医師によると、ゆっくり食物を噛んで食べることで、ストレスホルモンの量が減るという。ストレスを感じるからこそ、食事の時間をしっかり摂ろう。1人で食べると早く終わらせてしまいがちなので、同僚とお喋りしながらゆっくり美味しく食べたいものだ。

 

■4:十分な睡眠時間をとる

ストレスが溜まった心と体にとって、寝不足は一番の大敵。寝不足の翌朝は頭が思うように機能しない、ということも多いだろう。

シカゴ大学の研究によると、1日6時間半以下の睡眠時間しかない場合、ストレスホルモンの量が上昇し、かえって食欲も増して、肥満につながる場合が多いそうである。痩せる体作りをしたいなら、1日7~8時間の睡眠時間を目指そう。

 

以上、“ストレスを解消して痩せる体を作る方法”をご紹介したが、いかがだろうか?

仕事とストレスには切っても切れない関係がある。しかし、いつも美しくいたいのであれば、まずはストレスをコントロールすることが働き女子の最重要課題なのである。

 

【関連記事】

オバ体型が加速!? 働き女子が「どんどんメタボになっちゃう」要因4つ

メリットだらけ!働き女子にこそ「エクササイズが’絶対必要」な理由6つ

内側からスッキリ!仕事で溜まった疲れを癒す「デトックスフード」6つ

ちょっとした工夫!オフィスでこっそりできる「仕事ストレス」解消法

ガガ様が短期間で-13kg!トップモデルが実践するダイエット法とは

 

【参考】

7 Ways to Beat Stress Fat – Prevention

ピックアップ記事一覧