自分の身は自分で守る!働き女子こそ意識すべき「婦人科検診」の実態

by

美容・健康

出産, 妊活, 病気

自分の身は自分で守る!働き女子こそ意識すべき「婦人科検診」の実態働く女性のみなさんは、婦人科検診を定期的に受けているだろうか?

『オレンジページの暮らし予報』の調査によると、婦人科検診の受診頻度について、毎年受診しているという人は41.1%だということが判明した。受診率として、まだまだ低いと言えるのではないだろうか。

ピンクリボン月間でもある今こそ、定期的な検診について考え直してみよう。

そこで今回は、“婦人科検診に対する意識と実態”について紹介しよう。

 

■受診率が最も高いのは50代の45.2%

同調査によると、健康診断や人間ドックを受けた人の内、オプションメニューの婦人科検診を毎年受けていると回答した人は、全世代を平均して41.1%であると判明した。年齢別に見ると、20代以下が36.5%、30代が36.4%、40代でも42.8%で、最も受診率が高い50代でも45.2%と半数を切る結果になった。

自分の身は自分で守る!働き女子こそ意識すべき「婦人科検診」の実態

日本産科婦人科学会専門医の高松潔先生によると、「これでも、ほかの公的調査に比べると高い数字」とのこと。

例えば、平成22年の国民生活基礎調査では、女性の乳がん検診、子宮がん検診ともに、受診率は約25%だった。ピンクリボン運動の認知度が上がり、企業や地方自治体の補助も含めて婦人科検診は身近になっているものの、まだまだ毎年受診している人は少数派というのが現状のようである。

 

■検診を受けない理由は、“面倒だから”、“費用が高いから”

婦人科検診を受けていない人にその理由を聞くと、「面倒だから」「費用が高いから」の2つの回答がほぼ同数でトップ。専業主婦の44.2%が面倒だと感じており、会社の制度で検診を受けやすいイメージのある正社員・職員(フルタイム)でも30%が、派遣・嘱託・契約社員では60%もの人が、受診にわずらわしさを感じているようである。

 

■実は検診費用は高くない

高松氏は、「たしかに受診のわずらわしさや、検査に時間がかかると感じるかもしれません。でも、費用が高いと感じている人が多いのは驚き」とコメント。

「地方自治体の補助がある検診は、差はあるものの自己負担額は1,000円程度。検診は保険適用外になるので、確かに1万円~2万円を超える場合があります。でも、例えば年1回の検診で1万円~2万円だったとしても、月割にすれば約1,000円~2,000円。毎月の美容院代や化粧品代と比べたら決して高いものではない」というのである。

婦人科検診は、女性特有のがんを早発見するために欠かせないものである。

「早期発見の初期の子宮がんなら、30分程度の手術で済む場合も。でも、進行すれば、子宮摘出に加えて骨盤リンパ節郭清など数時間に及ぶ手術の可能性も出てしまいます。費用はもちろん、心身の負荷を考えれば、早期発見にかかる検診費用は安いと考えてほしいですね」

 

以上、“婦人科検診に対する意識と実態”についてお伝えしたが、いかがだったであろうか?

仕事が忙しいと、なかなか時間が取れないということもあるとは思うが、予想以上に検診率はまだまだ低いのが現状のようだ。

将来、妊娠出産を考えている場合や、長期的に仕事をするうえでは、自身の体のことについて、1年に1度だけでもしっかり把握しておくべきだろう。

“検診は仕事をする上では、必ず受けなければならない義務である”、というくらいに認識して、毎年の定期検診は必ず受けるようにしたいものである。

 

【関連記事】

※ 当てはまったらヤバすぎ!「今すぐ休暇をとるべき」危険な6つの兆候

※ 見逃さないで!ネイルの状態に表れる「健康危機のサイン」5つ

※ 誰でもすぐできる!忙しい日々を健康に過ごすちょっとした工夫4つ

※ 昔の女性はできていた!? 気になる「経血コントロール」のホントのところ

※ こんな症状は要注意!「ホルモンバランスの乱れ」意外なサイン3つ

 

【参考】

※ 婦人科検診を毎年受けている女性はたった4割。 検診を受けない理由は「面倒だから」「費用が高いから」 − 株式会社オレンジページ

ピックアップ記事一覧