ノー残業でも「売上がグングン上昇する」フィンランドのオフィス習慣とは

by

仕事

コミュニケーション, ビジネススキル, 残業

北欧の国フィンランドといえば、どんなことを連想するだろうか? まず最初にムーミンの細長いキュートな顔や、冬景色を思い浮かべる人も多いかもしれない。

実はフィンランドでは、長時間労働をせずとも生産性の高い仕事が実現できているという。さらに男女格差もきわめて低く、女性がとても働き続けやすい国と言われている。

今回はそんなフィンランドのオフィス環境の秘訣について、OECDの調査報告や、フィンランド駐在経験を持つ田中健彦さんの著書『フィンランド流 社長も社員も6時に帰る技術』を参考にしつつ、探っていこう。

 

■1:上司も部下も家庭と余暇を優先する

OECDの調査によると、フィンランドのフルタイムワーカーは、男性も女性も平均して約15時間を睡眠や自分と家族のために使うのが普通だという。

上司も部下も、定時までに集中して仕事を終わらせ、私生活を充実させる努力をしているようだ。

「時間内に仕事を終わらせ、余暇を楽しむ」、このメリハリが仕事の生産性をあげたり、新しいアイディアを生み出しているといっていいだろう。

 

■2:メールの“CC”や“BCC”は最小限に

日本では、メールをやり取りする際に“参考までに部長と課長と主任にCCで落とす”といったことがあるだろう。部下が増えれば増えるほど、管理職のメールボックスは未読メールで占められていくことになる。

田中さんの著書によると、フィンランドにはそうした習慣が根付いていないと言う。

そもそも上司に報告・連絡・相談する“ホウレンソウ”が重要視されておらず、上司も部下のやり方に干渉しないのが鉄則だそうだ。

よって、上司がメールの洪水に飲みこまれることも、部下が“ホウレンソウ”に時間をとられることも少ない、というわけだ。

努力や過程より、“期日までにキチっと仕上げられた結果”が全てだとされるため、ある意味シビアな世界ともいえるかもしれないが……。

 

■3:会議よりフランクなスタンディングミーティング

日本では、喫煙室で経営陣や他部署の人達との交流が生まれ、「喫煙室でちょっと小耳にはさんだのだけどさ」なんてこともあるが、フィンランドのオフィスには、みんなが自然に集まって打ち合わせをしたり、情報交換する場所があるという。

田中氏の著述によると、日本の企業では

<若いエンジニアは、どうしてもそれぞれの殻に閉じこもって仕事をしていて、隣の仲間がどんな仕事をしているかどうかも知らない>

ということも珍しくないとのことだが、タバコを吸わなくても、“夜の飲み会”に顔を出さずとも、このようなスペースを設けることで社員同士の縦のつながり、横のつながりが活発になり、アイディアも多く生まれているという。

 

以上、ノー残業でも成果が高いフィンランドの仕事術をご紹介したが、いかがだろうか?

残業時間を使って今期の利益につながる仕事を達成しても、“心身の健康”、“家族や大切な人との時間”、“仕事へのモチベーション”など、長期的に失うことも多い。

フィンランドのような極寒の地で高い生産性が維持されているのは、とても稀有なことであり、我々も学ぶことは多いだろう。

 

【関連記事】

それでも続ける?知っておきたい「長時間勤務があなたに与える影響」

働く女子必須!長時間のデスクワークを快適にする「秘密の小道具」5つ

うらやましすぎ!働くママが「イキイキと仕事できる国」のスゴい秘密とは

正社員は最下位!「ワークライフバランスが良い」1位は派遣社員だった

日本だけじゃない!「働く女性の環境」が世界中で厳しくなっていると判明

 

【参考】

Finland – OECD Better Life Index

田中健彦(2010)『フィンランド流社長も社員も6時に帰る仕事術』(青春出版社)

ピックアップ記事一覧