同性婚や夫婦別姓…「新しい恋愛・結婚」のカタチには男女で意識の差

ニュースなどで、たびたび話題になっている“同性婚”と“夫婦別姓”。 新しい価値観が受け入れられるまでには時間を要するものです。現状では、どのように受け入れられているのでしょうか? リサーチ・アンド・ディベロプメントの「生活者総合ライフスタイル調査システム CORE 2017」をもとに、恋愛や結婚の多様性にまつわる世間の認識をご紹介しましょう。 ■夫婦は「同姓」を名乗るべき? 男女で価値観が異なる 同調査で、「夫婦が同じ名字を名乗るべき」と考えている人の割合を見てみると、男性と女性ではやや温度差がありました。 「そう思う」と「ややそう思う」と答えた割合(以下、同合計)が男性では60%に対し、女性は49%でした。 結婚後に名字を変更するのは、女性である場合が多いですよね。職場や周囲への説明が面倒……という現実的な思いが、数字の差に繋がったのかもしれません。 また男女を問わず、「名字はアイデンティティだから、名乗る“べき”とまでは思わない」という意見もあるのではないでしょうか。 ■エンターテイメントは、若い女性の価値観を柔軟にしている可能性も 続いて、このところ話題になる機会が増えた“同性婚”についての調査結果を見てみましょう。 「男性同士、女性同士の結婚も法律で認められるべきだ」と考えている人の割合は、女性のほうが高く同57%。一方、男性では41%まで下がります。 若年層になるほど許容度が高く、最も数字が高かったのは、18歳から29歳までの女性で70%でした。どの年代も女性のほうが許容度が高くなっています。 若い女性のほうが柔軟に多様性を受け入れていることについて、同調査では、 <マツコ・デラックスさんに代表されるオネエキャラタレントへの共感や、アニメ・漫画などでのBL(ボーイズラブ)の浸透なども若年女性の意識に影響しているかもしれません。> と分析しています。 ■男性のほうが保守的な傾向に 同性との交際についてどう思うかという調査結果でも、男女差があらわれました。 「好きな相手なら恋愛対象となる相手の性別はこだわらない」と考えている人の割合は、女性が36%。男性は21%まで下がります。 男性のほうが、“恋愛は男女でするものだ”という従来の価値観にとらわれているようです。 以上、恋愛・結婚の多様性についての考え方の調査結果でしたが、いかがでしょうか? 恋愛や結婚への多様性が議論されている現代は、従来からの価値観を支持する人と、新しい感覚を受け入れる人に分かれていますよね。 男性のほうがどの問いに対しても“保守的”な感覚が強い実態には、驚いた人もいるのではないでしょうか。 昨今は起業でもダイバーシティを推し進め、研修なども行われているので、もしかすると1年後には大きく数字が変わっているかもしれませんね。 理想的なのは、さまざまな価値観が受け入れられる社会です。単に人権の問題ではなく、ビジネスにも影響を及ぼすでしょう。 例えば、2015年にライフネット生命が「同性のパートナー」を受取人に指定可能とする取り扱いを開始した際、利用者からは「当事者ではないが、ライフネット生命に加入していることを嬉しく思う」と企業の姿勢を支持する声が寄せられたのだとか。 そんな評価を得る、このプロジェクトは、若手社員の有志がスタートさせたのだそう。 「私は異性愛者だし、夫の名字に変えてもいいから、関係ないトピックだな」と情報をシャットダウンせず、定期的にチェックしておくと、仕事に役立つかもしれませんね。

調査で判明!日本の働く女性がいまいち「自信」を持てない理由とは

日本人女性が考える、“女性としての一番の魅力”とは何だろうか? 「完璧に整った髪型かな」という人もいれば、「若々しい肌」、「ナイスボディ」と考える人もまたいるだろう。 しかし海外、特にアメリカで同じ質問をすると、意外な答えが返ってくることが多い。女性の魅力は“自信”という人が多いのだ。「自信のある女性は美しく見えてセクシー」ということらしい。 謙虚さや恥じらいが美徳である日本で、真の意味で“自信をつける”ことは難しいのだろうか? 今回は、結婚式場に関するウェブサイト『ウエディングパーク』が行った調査を参考に、日本女性の自信に関する意識を紹介しよう。 ■2人に1人が“こじらせ女子”? 同社が運営する『ガールズスタイルLABO』が、20~40代の日本人女性163人を対象に実施した“女性としての自信”に関する調査によると、「女性としての自分に自信がありますか」という質問に対し、40.5%の女性が「どちらかといえばない」、そして11%が「ない」と答えている。合わせて51.5%の女性が“自信がない”という驚きの事実が判明したという。 ちなみに自信がない理由は「着飾ることができない」、「長いこと彼氏ができなかった」、「男性の目を気にした態度などができない」などさまざま。 現在、綾瀬はるか主演のテレビドラマ『きょうは会社休みます。』が放映され、人気を得ているが、主人公は、ファッションや自分磨きに興味がなく、30代まで男性と交際した経験もなかった、“こじらせ女子”。同調査によると、どうやら日本人女性にはそんな“こじらせ女子”が、かなり多いようなのである。 ■努力を怠ると自信喪失!? “自信”というものはすぐ生まれるものではなく、日頃からの地道な努力が必要だ。しかし、日本女性がこの努力を行っているか否かは、もともと“自信があるかないか”に大きく左右されるという。 同調査によれば、「自信がある」と答えた人の78.5%が「自信をつけるための努力をしている」のに対し、「自信がない人」はたったの42.9%がそう答えたという。自信のない“こじらせ女子”は、努力を怠って悪循環に陥り、どんどん自信を喪失していくのだろうか。 そんな努力の内容は、「美容に気を遣っている」、「自分を魅力的と思うようにしている」「姿勢に気をつけている」などさまざま。しかしどれも、外面的な要素が多いのが気になるところだ。働く女性であれば、仕事で成果を出すことなど、外面的な要素以外にも自信を得られる方法があるはずである。 外面的に自信をつけても、彼氏や友人、同僚など他人の評価はすぐに潰れてしまう可能性が高いので、注意しなければならない。 ■海外女性との“自信の違い”とは 筆者の経験によると、日本人女性と海外女性の“自信”に対する意識の違いは、“自信の元がどこから来ているか”から生まれるようだ。アメリカでは、外見的にそれほど気を遣わない人でも驚くほどに自信満々なタイプが多い。 アメリカ人女性には文化の違いからか、確かに“謙虚さ”は足りないかもしれない。ましてや、日本人女性に比べ、ヘアもファッションも最新とは言いがたい人が多く、メイクも上手ではない。しかし、子どものころから親に「自信を持ちなさい。あなたならできる」と肯定的な言葉をかけてもらい育つ場合がよく見られる。 そのうえ教養や人生経験をつけ自信がアップしていく。そういう女性はコミュニケーションも上手で、内面の強さや余裕からくる自信がにじみ出ている。 そして、そんな女性はたとえ外見が完璧ではなくても、男性の目に美しく魅力的に映るものなのだ。 以上、日本人女性の“自信”についての調査結果と、海外女性の自信についての意識を紹介したが、いかがだろうか? 外見的な美は素晴らしい。しかし、自信というものは、“他人の評価で生まれるもの”でなく、あくまで“自分の内面を磨き、手にしていくもの”である。他人の評価を気にしてばかりいないで、「私は私!」と思えるしなやかな強さを身につけよう。