子どもに1人で「はじめてのおつかい」させると犯罪者扱いされる!?

皆さんのお子さんは、ひとりでおつかいに行ったことがありますか? 「クリーニング屋さんでスーツをとってくる」「商店で卵を買う」といったミッションを子どもに与え、生まれて初めての“大冒険”をさせるというテレビ番組『はじめてのおつかい』(日本テレビ系列)。ひたむきな子どもの顔を見て、ついウルウルしちゃうという方も多いでしょう。 だからといって、安易にマネをして子どもにひとりでおつかいをさせてはいけない理由があるのをご存知でしたか? 「もう4歳だし、忙しい自分のために、朝ごはんの食パンを買ってきてくれるようになるかも……」なんて、淡い期待を抱いている方には、残念な内容かもしれません。 ■え!? 幼児にひとりでおつかいさせると“ネグレクト扱い”されちゃう国もある 『はじめてのおつかい』の中でおつかいにいくのは、多くが幼稚園児や保育園児。ところが! <欧米諸国では幼児だけで買い物に行かせれば児童虐待とみなされます> 『子どもは「この場所」で襲われる』の著書である小宮信夫教授はこう述べています。虐待の中でも育児放棄に該当する“ネグレクト”を疑われてしまうことがあるそう。 「働く小学生ママを襲う“夏休み問題”もっとも悩ましいのはコレだった」でお届けした通り、欧州の中には、12歳以下の子どもがひとりで留守番することを禁じているところも少なくありません。 幼児がたったひとりで道路を歩いて買い物に行くなんて、言わずもがな。 子どもに冒険をさせようと思ったのに、“育児放棄”扱いされるとは……。ちょっと驚きですよね。 ■日本でも『はじめてのおつかい』を気軽にマネしちゃいけない理由 『はじめてのおつかい』は、子どもを強くしたいから、うちもおつかいをさせてみようと思わせてしまう内容でもありますが、テレビと現実との違いをぜひ把握しておきましょう。 <「はじめてのおつかい」は、あくまでもテレビスタッフなどの大人が周りで見守り、安全が確保されたテレビ番組の中でのみ成立するものであることを強調しておきたいと思います> 「ウチの子が成長した姿を見て感動したい」「ウチの子が頑張る姿は本当にかわいい」という気持ちは封印して、未就学児童の子どもを持つ方はもう少しひとりでのおつかいは待った方がよさそうです。 ■「かわいい子には旅をさせろ」と“はじめてのおつかい”が別モノな理由 「かわいい子には旅をさせろ」という言葉は、江戸時代に盛んに使われ、旅が困難だった時代に旅を通じて子どもを鍛えよ……という意味で使われていたといいます。 小宮教授も、旅の利点として、リスクに対処する方法を学べる点をあげ、十代半ばを過ぎたら国内の1泊旅行に旅に出すくらいはいいのではと見解を述べています。 一方で、「かわいい子に旅をさせろ」と“はじめてのおつかい”とは全く意味が違うと断じてます。人間というのは、小さなリスクから始めて、だんだんと大きなリスクに対処する方法を学んでいくものですが、幼児のおつかいは、年齢に不相応な大きなリスクを伴っているようです。 以上、子どもをひとりでおつかいさせることのリスクについてお届けしましたが、いかがでしょうか? はじめてのおつかいはまだムリでも、保育園帰り、子どもが明日持っていく“ポケットティッシュ”を探しにスーパーに寄り、買い物の様子を後ろから黙って見守る……くらいなら、チャレンジできそうですね。

働くママは必見!「一瞬で生活感を消せる」最強の仕事服とは

今年も暑い夏がやってきた。仕事を持つママの夏は過酷である。朝、あわただしく自分と子どもの身じたくを済ませたら、炎天下のなか子どもを保育施設に見送り、通勤。オフィスに到着するころには、化粧は汗で落ち、服もヨレヨレ、髪の毛はボサボサ……。できることなら、朝の戦争のような忙しさの跡を隠して爽やかに出勤したいと切に願う女性も多いはず。 そんな悩みを解決すべく、国内最大級の海外通販サイト、株式会社wajaのセールス兼プロモーション部マネージャーで、ご自身も1児の母である久保田晶子さんに、ママの生活感を上手に隠せる服を提案してもらった。 ■1:ぺプラムワンピース 今年のトレンド。オフィス映えするエレガントなデザインが豊富。一枚でサマになるから、忙しい朝にコーディネートいらず。しかもぺプラムが産後の気になるお腹まわりもカバーしてくれる。 ■2:ミモレ丈スカート 今シーズン最注目のミモレ丈は、今までスカートを我慢してきたママにも朗報トレンド。ママチャリでスピードを出しても、転んだ子どもを起こすためにしゃがんでも、下着が見えにくい丈。パンプスとあわせてエレガントなONスタイルはもちろん、 同じく今年大流行の兆しを見せているスニーカーとも相性抜群。子どもと一緒の休日OFFスタイルでも幅広く使える。 ■3:ジャージーワンピース やわらかい伸縮素材だから、送り迎えで活発に動いても、長時間オフィスで座っていても楽で、しかもシワにならない。自宅で洗濯できる素材が多く、汚れや汗も気にせず着られる。 ■4:ツイードジャケット 冷房のきついオフィスでさっとはおると、きちんと感とエレガント感が演出できる。まさに働く女性の正当派ONスタイル! 畳んでもシワになりにくいから、あわただしい登園や、通勤時はバッグの中でも心配いらず。 以上、働くママの生活感を上手に隠せる仕事服を紹介したが、いかがだろうか? どんなに動いても、汗をかいてもへっちゃらなオシャレな服で出勤すれば、気分が高揚して仕事もはかどるかもしれない。

働く小学生ママを襲う「夏休み問題」もっとも悩ましいのはコレだった

今年も夏休みがやってきた。待ち望んでいた子どもは多いかもしれないが、同時にそれは働く親にとって心配事の増えるシーズンでもあるだろう。 アクサダイレクト生命は、首都圏に住む小学生の母親624人に対して“夏休みの過ごし方”調査を行った。その結果、夏休みを迎えることを不安に感じている母親が非常に多いことがわかった。 また、夏休み期間中、親の不在時に「子どもだけでお留守番」と答えた母親が、小学校低学年が34.3%、高学年が66.3%と高い割合だった。また5人に1人の母親が、「配偶者以外に手を借りられる人がいない」と答えている。 イギリスや、アメリカのいくつかの州では、子どもが事故や犯罪に巻き込まれるのを防ぐために、「12歳以下の子どもに留守番をさせるべきではない」というガイドラインや法律を設け、子どもが安全で豊かな放課後や長期休暇が送れるよう、学校外活動が充実している。 それにしても、日本は比較的治安が良いとされているにせよ、なぜここまで子どもの留守番の割合が多いのか? また母親たちはどんなことに不安を感じているのか? 今回はそんな小学生ママの夏休み問題について探ってみた。 ■学童保育だけでは不十分!? 子どもが保育園に通っている場合は、夏休みの期間も通常通り子どもを預けることができる。子どもが小学生にあがると、放課後や、長期休暇の間は公立の学童保育に入所させる家庭が多いが、実はすべての家庭が学童を利用できるわけではない。 学童保育に入所させるためには、親の就労時間や、勤務形態、家族環境などの定められた条件を満たさなければならない場合が多い。また、公立の学童保育は小学4年生で退所するのが一般的で、高学年になると、やむを得ず子どもだけでの留守番をさせている家庭が多いものと推測される。 ■夏休み中の母親の2つの悩みとは 仕事を持つ母親の夏休み期間中の悩みは、1位が「昼食の用意」。仕事のために、子どもを留守番させる場合、毎日お昼ごはんの作り置きや買い置きが必要となり、健康的な食生活を維持するために、母親が悩んでいる実態が浮き彫りとなった。 夏休み中の悩みの2位は、「子どもを遊びに連れて行ってあげられない」だった。仕事を持つ親のうち、夏休み期間中に「勤務時間を短くしている」と答えたのは、パート・アルバイトは、31.3%、正社員ではわずか12.1%だった。正社員ゆえに、臨機応変な勤務スタイルをとりにくい環境がうかがえる。 以上、小学生ママの夏休み問題について取り上げたが、いかがだろうか? 夏休み問題には、共働き家庭のワークライフバランス、地域のつながりの希薄さ、学童保育の不十分さなどあらゆる問題が凝縮されている。 ヨーロッパの多くの国では、正社員であっても、子どもの夏休みに合わせ、“バカンス”という長期休暇をとるのが一般的であるが、残念ながら、日本には浸透していない。子どもたちに夏休みにしかできない体験を提供するために、企業側の工夫も必要となるだろう。また、安全を守るため、学童保育以外にも子どもたちが安心して過ごせる場所の確保が必要である。