いまアメリカで大論争の「女性のやる気を奪うある言葉」とは?

アメリカで今、女性のやる気を奪う“ある言葉”をめぐって大論争が巻き起こっているのをご存じだろうか? それは“bossy”という言葉。“威張りたがる”という意味の形容詞で、率直に意見を述べる女性に対し冷やかしのニュアンスを込めて使われることが多い。 これに対して、“bossy”のような性差別的な単語の使用を禁じようという試みが盛んになっていて、それを表す“Ban Bossy”という言葉が浸透しつつある。ミシェル・オバマ大統領夫人や、歌手のビヨンセも、この“Ban Bossy”キャンペーンに賛同の意を示している。 政界やビジネス界で活躍する女性の多いアメリカでも、女性が積極的に意見を発言しにくい風潮があることがおわかりいただけるだろう。そこで今回は、アメリカにおいて、そういった風潮を作りだしている“オフィスにおけるセクハラ”の例をいくつか紹介したい。 ■1:真面目に発言してるのに…… 男性が積極的に意見をし、場を仕切ったりすることが自然に受け入れられるのに対し、女性が率直に意見を述べると“野心的で積極的すぎる女性”というレッテルを貼られ、真面目に意見を聞き入れてもらえないケースがよく見られる。 例えば同等の役職につく男性社員と女性社員が同じ会議に出た場合、男性の意見は最後まで聞いてもらえるのに、女性の発言は質問でさえぎられることも多いという。 ■2:ちゃんと成果を評価して! 職場において、男性より女性のほうが厳しい評価を受けやすい、という研究結果も出ており、女性は正当な評価をされにくい環境に置かれているという。 また、社内に評価基準があっても、上司は、女性を評価するときに能力や成果ではなく、“直観”と人柄で評価する傾向にあるため、社内の評価基準をより明確化するよう求める声も出ている。 以上、アメリカでの“オフィスにおけるセクハラ”の例を紹介した。 日本でも、男性の多い職場では女性の意見はかき消されることが多く、男性同士の根回しや“なあなあ”の世界では、正当な評価を受けることが難しい。女性管理職の登用が叫ばれながらも、依然、管理職の数が伸び悩んでいるのは、女性が積極的に意見しにくい職場環境により、出世への意欲がそがれているのも一因かもしれない。 また、“女の敵は女”とよく言われるように、積極的に仕事に取り組む女性を陰で冷やかす同性の存在も忘れてはならない。会社内の職種にかかわらず、女性同士が連携していかなければ、女性が“野心的なリーダー”であることが評価される職場づくりへの道のりは遠のく一方だろう。

にこにこキッパリ!職場で「嫌われないデキるオンナ」でいるための心得

いまの安倍政権は、女性の社会進出を促進し、女性にとって働きやすい労働環境を推進していく、とうたっている。しかし世界的に見ると、日本は女性の社会進出という点では遅れており、中でも女性リーダーの数がまだまだ少ないという現実がある。 そこで今回はフェイスブックの女性COOシェリル・サンドバーグさんの著書『LEAN IN(リーン・イン) 女性、仕事、リーダーへの意欲』(村井章子訳)を参考に、働く女性が知っておきたい”嫌われないデキるオンナになる”コツを見てみたい。 ■デキる女は男からも女からも好かれない <成功と好感度は男性の場合には正比例し、女性の場合には反比例するということだ。成功した男は男からも女からも好かれるが、成功した女は男からも女からもあまり好かれない。> 本書によると、これはコロンビア大学ビジネススクールとニューヨーク大学の教授が行った、職場における男性像・女性像を確かめる実験の結果から判明したことである。いわゆる男性、女性に対してのステレオタイプが、いまだに存在していることを証明していると言えるだろう。 ■嫌われるのを防ぐために自己評価を低くする <嫌われるのを防ぐために、私たちは自分の能力を疑問視し、自分の成果を控えめに評価する。他人がいるところではとくにそうだ。要するに、他人から低く見られる前に自分で自分を低くしている。> 仕事をバリバリこなし、結果を出すことにこだわる女性は、”男まさり”とみなされる。男まさりの女性は、ビジネスシーンにおいては好かれないのである。これも女性の昇進や、出世を阻んでいるいる目に見えない壁でもあるのだ。 ■ ”嫌われないデキるオンナ”になるには2つのことに注意 <女性は二つのことを上手に組み合わせれば、望みの結果を得る可能性を高められるという。一つ目は相手に好印象を与えること、他人に気遣いを示すこと、「世間の期待にふさわしく」女性らしくふるまうことだ。(略)二つめは、正当な理由を説明することである。> これはある意味、女性ならではの特長を活かすことにつながるかもしれないのである。相手へのちょっとした気遣いは、意外と印象に残すことができるのではないだろうか。また、”女性の地位向上のため”や”上司からの指示で”など、それとなく正当な理由を交渉の中に入れると、受け入れられやすいということである。 以上、シェリル・サンドバーグさんの著書を参考に、”女性のビジネス界での処世術”をおつたえしたが、いかがだろうか? このようなことに配慮しながら、”嫌われない”オンナでいることができれば、昇進も出世も思いのままになるであろう。もちろん、その前提には実力が伴っていることが大切であるのは言うまでもないことであるが。

これを知れば迷わない!オフィスファッションのカラーリング基礎知識

制服のない職場で仕事をする女性にとっては、毎日の洋服選びは一苦労だろう。とくに会議がある日や、誰かにお詫びをしなければならない日、就業後にデートを予定している日などは、洋服のデザインに気を使う人が多いに違いない。 しかし、人の記憶に残る”色使い”に工夫をするのも、非常に重要だということを知っておいてもらいたいものである。 そこで今回は、NPO法人色彩生涯教育協会所属のカラーコンシェルジュ篠田純さんに、”シーン別にオフィスで使える色”について教えていただこう。 ■オフィスで使える! シーン別オススメカラー4つ勝負の日?デートの日?カラーコンシェルジュがオススメするオフィスで使える色とはこの世に存在する全ての色を大きく分けると、青色が下敷きになっていて涼しさを感じさせる”ブルーベース”と、黄色が下敷きになっていて温かみを感じさせる”イエローベース”があると、篠田さん。基本的には、上記を参考にした肌のベースカラーと、洋服のベースカラーを合わせるといいのであるが、”色のイメージ”を使って、見せたい自分を演出することもできる。 オフィスでの様々なシーンで使える篠田さんオススメのカラーは、下記のとおりだ。 (1)仕事ができる女性を演出したいなら、”青” ”青”は、誠実で真面目、知的な印象を与える色だ。なんでも、”好きな色”のアンケートを実施すると、多くの国で必ずトップ3に入るほど、誰からも好まれる色だという。 ブルーベースの青には、ネイビー、パステルブルーがあり、イエローベースの青には、ターコイズブルーがあるが、より知的に見せたいのなら、先に述べたネイビーやパステルブルーを選ぶと良いそう。 (2)オフィスで浮きたくないなら、”ベージュ” オフィスで浮かないようにと、ベーシックカラーの黒を選ぶ人は多い。だが、黒はややキツく見られてしまう傾向があるので、柔らかい色味で、落ち着いた優しい印象を与える”ベージュ”を選ぶのが正解だ。 (3)モテたいなら、鉄板”ピンク” 女性らしさを高めるだけではなく、若返り効果を持つ色といえば”ピンク”だ。デートの予定がある日や、とにかくオフィスでモテたいというのであれば、女性にとってマイナスなことが少ないピンクを選ぶといい。 なかでも、イエローベースのサーモンピンクやコーラルピンクは、簡単に可愛らしさを出すことができる。 (4)お詫びをしなければならない日は、”グレー” ”グレー”は、控えめで謙虚に見せてくれる色だ。お詫びをしなければならない日は、グレーを活用しよう。 肌がブルーベースなら、ピンクやパープルがうっすら感じられる”ニュアンスグレー”、イエローベースなら、少しベージュが入ったグレーを選ぶと、女性らしさを出すこともできる。 もし、似たような色で迷ったら、顔の近くに洋服を持ってきて比べてみよう。 以上、 シーン別にオフィスで使える色”についてご紹介した。仕事や恋がうまくいっていないと悩んでいる人や、成功に導きたいと願っている人は、色の力を借りてみるのもいいのではないか。