「大地震で子どもを引き取りに行けない!」事態に働きママが備えること

by

妊娠・育児

共働き, 子ども, 子育て

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

もし、子どもと離れ離れの時に大きな地震が起こったらママはどうしたらいいのでしょうか? 子どもの無事をひたすら祈って、胸がつぶれそうな気持ちになっても「今から、どうやって行動したらいいのか」について考えるひとかけらの冷静さを残しておかなければなりません。

これまで、保育園や学校で防災時の“引き取り訓練”を経験した方もいらっしゃるかもしれませんが、実際には遠方で働いていて、その日に子どもを引き取りに行くことができないケースも想定されます。

そこで今回は、危機管理アドバイザーの国崎伸江さんの著書『増補版 地震から子どもを守る50の方法』などを参照しつつ、子どもをすぐ引き取ることができないケースを想定した“引き取れない訓練”のためにやっておくべきことをご紹介していきましょう。

 

■災害時の“引き渡しカード”に記入した代理人に年に1度は念押しをしておく

園や学校で年度初めに配られる“引き渡しカード”。災害時に迎えに来る保護者、緊急連絡先、保護者が来られないときの代理人などを記入して、提出するものです。

毎年「変更なし」として、提出するだけですと、代理人の方は自分の名前が記入されていたことを忘れてしまうことがあります。

そのため、定期的に「災害が起こって自分が迎えに行けない時、子どもの引き取りをお願いしたい」ということを確認しておきましょう。

電車や車で通勤して子どもの園や学校から離れた場所で働いているママは、災害の当日に迎えに行けない可能性もありますから、とても大切なことです。

 

■地震で保育園に火災や倒壊の恐れがあったら、どこに避難するか前もって確認

地震後、なんとか園舎にたどりついたのに、園児たちがいない! そんな時には避難所に移動している可能性があります。

『クレヨンしんちゃんの防災コミック 地震だ!その時オラがひとりだったら』によれば、最初に避難する場所として考えられるのは2カ所、

<・一時避難所(いっときひなんじょ)・・・一時的に身を守る公園や空き地

・一次避難所(いちじひなんじょ)・・・自宅倒壊や危険がある場合、一定期間生活するところ>

この2カ所の場所は、おそらく園や学校の配布物に記載されているでしょう。わからなければ、連絡帳などを通じて確認し、代理人の方とも情報を共有しておきたいものです。

 

■誰も引き取りに行けない時の対策は? 移される“第二次救護所”の場所を確認

もし遠方で働いていて、ライフラインが壊滅状態で、パパもママも代理人も引き取りまでに何日もかかる状態だったら? 『増補版 地震から子どもを守る50の方法』には、

<一定期間が過ぎても、誰も引き取りに来られない場合は、第二次救護所(区民センターなど)に移る>

との記述があります。“二次救護所”や“二次避難所”と呼ばれる場所も確認しておきましょう。

 

■もし子どもがケガをして治療が必要なら“医療救護所”に搬送される

それでは、子ども達がケガをしてしまったら? その場合、“医療救護所”や“後方医療施設(病院)”に搬送されるとのこと。

地域の医療救護所がどこなのか、市区町村に確認して、地図を見ながら家族や代理人の方と情報を共有しておきたいものです。

 

以上、日中働いているママが地震に備えて確認しておくべきことをお届けしましたが、いかがでしょうか?

子ども達を守るため、普段からいろんなケースを想定して「もし今、地震が起こったら!」とシミュレーションをしておきたいものです。

 

【関連記事】

食べるだけで美肌になれちゃう!「れんこん」簡単レシピ2選

暑くてもメイク崩れ知らず!プロが教える「夏のベースメイク」秘技

ココで差が!出産まで「ストレスフリーで仕事する」プレママの心得5つ

親にとっての「理想の子育て環境」とは?調査で見えた1つの傾向

完璧じゃなくてOK!働きママが「あえて手を抜くべき」こと

 

【参考】

国崎信江(2011)『増補版 地震から子どもを守る50の方法』(ブロンズ新社)

国崎信江(2012)『決定版 巨大地震から子どもを守る50の方法』(ブロンズ新社)

ピックアップ記事一覧