ハッピーが続く!「同棲するとうまくいく」働きカップルの共通点4つ

by

恋愛・結婚

同棲, 共働き, 結婚

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

仕事をしながらの同棲生活と聞くと、「スレ違いそう……」「なんだか喧嘩が増えそう」などというイメージがあるかもしれませんね。

しかし、今、共働き家庭が増えてきているため、同棲するカップルもお互い仕事をしていることがほとんど。同棲をすると決めたら通らなければならない道といえるでしょう。

では、働きながら同棲生活をすることでよりラブラブになれるカップルとは、どんな特徴があるのでしょうか。ご紹介していきましょう。

 

■1:生活費の管理ルールが明確に決まっている

同棲生活でトラブルの元になるのはやはり“お金”。特に家賃や光熱費などの生活費をどう負担するのかは曖昧にしない方がよいでしょう。

最初は完全に折半する方がわかりやすくておすすめですが、お互いの収入に応じて割合を変えるなど、片方に負担が多くのしかからないようにしたいですね。そのためにも同棲生活をする際にしっかり決めておきたいところです。

ここでお金のことをしっかり話せることで、その後の結婚生活もイメージでき、ふたりにとっていい同棲生活が送れるのではないでしょうか。

 

■2:家事の役割分担が決まっている

生活費は彼が多くだしているから、家事は私が多めにやろう……。もしかしたらそのような気持ちから家事=彼女の仕事になっているカップルもいるかもしれません。

しかし家事も役割分担を明確にしておかないと、後々不満につながることも少なくありません。家事分担は、お互いが得意なことを担当するように分担し、明確に担当した人が責任を持つようにルールを決めておきましょう。

お互い仕事をしているからこそ、このようなタスクの振り分けもやりやすいのではないでしょうか?

 

■3:彼が転職したばかり、または付き合い始めてすぐに同棲を始めている

なんとなくだらだらと同棲生活を始めるより、何か環境の変化があった時に同棲生活を始めた方がうまくいくことがあります。

例えば彼が転職して新しい仕事を始めたタイミング、また付き合い始めてすぐのタイミングなど、何か新しい生活を始めるにちょうどいい時期に始めるのがベター。お互いがサポートを必要とする時期だからこそ、一緒に生活することでより“必要な存在”になれるのではないでしょうか。

 

■4:お互いの生活リズムにあった部屋の間取りを選んでいる

共働きとなると帰宅時間がバラバラになることもありますよね。彼女が寝ている時間に彼が帰宅した後バタバタと音をたてられるとイライラしてしまうことも。

お互いの生活リズムや、趣味、大切にしていることをよく理解しながら間取りを検討するのがおすすめです。

読書が好きな彼の場合はひとりで集中できるスペースを作ったり、ふたりでゆっくりくつろぎたいカップルの場合は、リビングを大きめにとるなど、部屋探しも改めて行うといいかもしれませんね。

 

以上、働きながらの同棲生活もラブラブに過ごしているカップルの共通点をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

なんとなく、彼の家にかよっていたら同棲のようになってしまった……というパターンも多いかと思いますが、やはりけじめをつけて同棲生活を始めることで、結婚のイメージもよりリアルになるのかも。

同棲を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

【関連記事】

※ ずっしり重~い!「男を心底ゲンナリさせる」めんどう女の特徴3つ

※ ここをチェック!休日デートで分かる「彼が本命彼女にだけする」行動5つ

※ 結婚がゴールじゃない!「今カレと円満夫婦になる」ため今からすべきこと

※ えっ…ソコ!? 男性が「彼女にしたいorしたくない」女性の条件が判明

ピックアップ記事一覧