原因はあなたかも!「ワークライフバランスが下手な人」のNG行動4つ

by

仕事

マネージメント, 仕事, コツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

ワークライフバランスというと女性だけの課題のように扱われますが、本来、男女を問わず上手にバランスをとっていきたいもの。

とはいえ、まだまだ女性のほうに関心が強いのも事実。

女性にとって家事や育児と仕事との両立は簡単なものではありませんが、自分の中でバランスよく毎日を送るためのルールができていれば、うまくいかないというストレスから解放されるかもしれません。

そこで今回は、『BizLady』の過去記事や海外情報サイト『You Queen』を参考に、上手に“オフモードになれない人”4つをご紹介します。

 

■1:仕事から完全に離れられない

仕事は家庭に持ち帰らない、とはよく言ったもので、仕事がオフの日や家で子どもといる時でもPCを触っていたり、メールチェックをするのはやめましょう。

家にいても心がオフィスにあっては、子どもや家族だって面白くありませんし、自分だって休むことができません。

それに子どもの世話をしながら、家事をしながらでは効率が悪く仕事も中途半端になってしまって意味がありません。

自分の中で、きちんとオンオフスイッチを持って頭の中を切り替える習慣を身につけましょう。

 

■2:すぐに悲劇のヒロインになる

仕事が溜まってるけど他に頼める人がいない、そんな時に保育園から連絡があってお迎えの催促、など重なるときは重なるのです。そんな時に、どうして私だけ!?と悲劇のヒロインになっても状況は変わりません。

大変な状況にいるのは何もあなただけではないのです。そうは見えなくても、あなたより辛い状況にいる人は他にたくさんいます。

私だけが大変なんじゃない、と自分に暗示をかけるだけで状況がクリアに見えてきます。

そうすれば、意外と仕事も家庭もうまく収められたりするものですよ。

 

■3:自分のための時間がない

どんな小さなことでもいいので、仕事でも家族のことでもない、自分のためだけに使える時間を確保しましょう。

それがないと、私は何のために働き何のために家の事をしているのだろう、と虚しくなって両立させるモチベーションを下げてしまいます。

できれば、自分時間は毎日あるとベターです。そうすれば、仕事から家庭モードに戻る、あるいは家庭から仕事にモードになるときのスイッチの役目もしてくれますから。

 

■4:ストレスを溜め込んでしまう

ワークライフバランスの悪い人の特徴として、ストレスを溜め込んでしまうことがあるようです。

育児に家事に、仕事と重なれば、それはストレスも溜まりますよね。だからこそ、上手にそのストレスを発散させることが大事なのです。

何もスポーツクラブに行ったり、運動することだけがストレス発散ではありません。

そんなことをしていると、もしかして、さらに忙しくなってストレスが溜まってしまうかもしれません。

例えば、上手に栄養のある食事を摂ることを意識してみてください。

毎度の食事を栄養のあるもの、もちろん好きなものを楽しんで摂ることも良いでしょう。毎度の食事を楽しんで摂ることができると、それだけでストレスがなくなりますよ。

くれぐれも時間に追われて、ないがしろにしてしまった、なんてことの無いように。

 

以上、ワークライフバランスが上手にできない人のNG行動4つでしたが、いかがでしょうか?

仕事も家庭も完璧をめざさないほうがうまくいく、という人もいますが、人によってはそのことがかえってストレスになってしまうケースもあります。

それならば、こうした心がけを持つことで、バランスよく仕事も家庭もやりくりできるかもしれませんね。

当てはまる項目のあった方は、ぜひすぐに改善してみてください。

 

【関連記事】

※ 怠けるあの子が職場を救う!? 「アリの集団から学ぶ」効率のよい働き方

※ 女性の働き方にまた変化…損したくないから「アノ壁」は越えないべき!?

※ コレが本音!? 検索ワードでみる「既婚女子が望む働き方」トップ3

※ 2人に1人が現状に不満!「働き方を変えたい」と考える理由3つ

※ 女性の新しい働き方!仕事をかけもちする「複業」がじわじわキテる件

 

【参考】

※ 6 Tips For Maintaining Perfect Work Life Balance For Career Women – YouQueen

ピックアップ記事一覧