2位顔に触れる…実は夫が「嫌がっている」スキンシップ1位が意外!

by

恋愛・結婚

結婚生活, , テクニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

共働きをしていると、「限られた時間で愛を育まなくては!」と思う人もいるかもしれません。

平日はお互い仕事で留守にする時間が多いからこそ、夕食後のちょっとしたひとときや寝る前のタイミングで、積極的にスキンシップをしている夫婦もいるのではないでしょうか。

けれど、スキンシップさえしていれば夫が満足してくれると思ったら……、大間違い!

アンファーが実施した「夫婦愛と頭髪に関する調査2016」のうち、500名の男性に行った質問によって、妻にされると“嫌な”スキンシップが明らかになっています。

今回は同調査をもとに、夫が嫌がる“妻の空回りスキンシップのワースト3”をランキング形式でご紹介します。

 

■ワースト3位:交際当時から嫌がっていたなら危険かもしれない「手をつなぐ・触る」

妻にされると「嫌だ」と思うスキンシップを調査したところ、ワースト3位になっていたのは7.0%が選んだ「手をつなぐ・触る」です。

1割未満とはいえ、妻から手を触られることに嫌悪感を示す夫もいる様子がわかります。

男性によっては、手を繋ぐことに恥ずかしさを感じてしまう人もいます。夫の性格によって見極めたほうがよさそうなスキンシップなのです。

たとえば交際当時から手をつなぎたがらなかった夫には、「夫婦になったのだから」といって無遠慮に仕掛けるのは得策ではないのかも。

せっかくのスキンシップで嫌悪感を抱かれるのは、妻としても心外ですよね。

 

■ワースト2位:夫の性格をよく見極めないとリスキーな「顔に触れる」

続いて、同調査でワースト2位になっているのは8.2%が選んだ「顔に触れる」です。

上級スキンシップテクでもありますが、夫婦だからこそお互いの顔にも気安く触れ合える関係なはず。

けれど、世の夫たちの中にはこちらも1割未満とはいえ「嫌だ」と感じちゃう人がいるのです。

普段から妻の顔に触れるのが好きなタイプの夫とは“お互い様”な感覚でやりやすいものの、ちょっと神経質な性格だったり気難しい性分の夫だと、「気安く顔に触るなよっ」と思われてしまいそうです。

 

■ワースト1位:少し前に話題になったモテ仕草ではあるけれど……「髪をなでる・頭をポンポンする」

そして、同調査で15.2%の夫が選びワースト1位になっていたスキンシップが「髪をなでる・頭をポンポンする」。

愛しい相手の髪をなでるのは愛情表現のひとつであるはずなのに、一部の男性にとっては、嫌悪感を抱く引き金となっている現実が!

また、“頭ポンポン”もちょっと前にモテ男の仕草として話題になりましたけれど、妻から夫に対してするにはイマイチな傾向が読み取れます。

亭主関白系の男性だと「よしよし」とされているように感じて嫌になるのかもしれません。また、髪型が崩れるのが嫌ということも考えられますね。

妻としては愛おしさの表れなのに、ちょっとガッカリな現実です。

 

以上、夫が嫌がる妻の空回りスキンシップのワースト3でしたが、いかがでしょうか?

共働き夫婦にとってスキンシップは大事な愛情表現。しかし夫が嫌がるスキンシップをしてしまえば、愛情が深まるどころか逆効果になりかねません。

せっかく触れ合うのであれば愛が深まる方法を実践したいですよね。

お宅の夫は、どんなスキンシップを嫌がりそうなタイプですか? せっかくの愛情表現が空回りに終わらないよう、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 3位「暇でしょ?」無条件にイラつく夫の無神経フレーズ1位は…

※ 海外カップルはどうしてるの?「セックスレスにならない」秘訣3つ

働く女性必見!起業家&モデルの黒田さんがオススメする「ストレスフリーな家事術」とは【PR】

お酒のプロ直伝!二日酔い知らずの出来る女子の秘密とは?【PR】

※ 職場で「胸キュンしちゃう女性の姿」…2位体調を気遣うよりモテる1位は?

 

【参考】

夫婦愛と頭髪に関する調査2016 – アンファー

ピックアップ記事一覧