ママが上司に!「ママボス」が職場にもたらすメリット・デメリット

by

仕事

マネージメント, 母親, 両立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

多くのママ社員には、仕事のタイムリミットがあります。それは“子どものお迎え”時間。その後も夕食、お風呂、片付け、寝かしつけ……など、4〜5時間にわたる怒涛の“仕事”が待っています。

「え、育児はパパの義務でもあるでしょ!」なんて、声も聞かれますが、残念ながら今の日本では男性が定時に退社できる空気の職場はあまり多くありません。

男性は“働けるだけ働く”ポジションに就き、ママ社員は“マミートラック”と呼ばれるスキルアップや昇進のチャンスから遠ざかるポジションに……というのが多くの企業でよく見られる光景。

実際、10月に話題を呼んだ世界経済フォーラムの「男女格差ランキング」において、日本は、公務員・一般企業の管理職の男女比率が144か国中113位と下位に沈んでいます。

でも、もしママ社員が重要なポストについたら? 今回は、“ママボス”が職場にももたらすメリット・デメリットについて考察していきましょう!

 

■時間効率が浸透! 「私もずっと働けるんだ」と若手の女子社員に希望を与える

まずはメリットから。就職・転職をサポートする「エン・ジャパン」が行った「ワーキングマザーに関する意識調査」で、身近にワーキングマザーがいる社員に「ワーキングマザーが職場にいることで、どのような影響があるか」について質問したところ、以下の回答が多く見られました。

1位・・・「時間に対する意識向上」(74%)

2位・・・「価値観の多様化」(70%)

3位・・・「未婚女性社員のキャリアイメージ醸成に寄与」(67%)

上位3つともポジティブな意見となっています。

ママ社員が他の社員に影響のある管理職につくことで、社員たちが「時間内に仕事を終わらせるにはどうしたらいいか」についてより真剣に考え、“仕事の質”の向上につながることも考えられます。

また、今後の働き方について悩む後輩女性へのキャリアの道筋を示すという意味でも、有益といえるでしょう。

 

■デメリットとしては、不公平感や評価が複雑になるという不安も……

それでは、ママ社員が管理職につくことで、考えられる課題とは?

じつは、「ワーキングマザーがいることで、職場にどんな影響があるか」という先ほどの質問では、4位~6位にネガティブな回答が並んでいました。

4位・・・「マネジメントの複雑化」(31%)

5位・・・「業務負荷への不公平感」(15%)

6位・・・「評価への不公平感」(8%)

「定時に帰ってしまうから、3時以降は仕事を頼みにくい」だとか、「子どもの体調不良でよく休む分、しわ寄せがくる」といった不満を抱く社員もでてくるでしょう。

前出の調査では、ママ社員の業務を代行対応をしたことがある社員の49%は、代行対応のインセンティブは「必要ない」と回答しているのにも関わらず、46%が「感謝や態度」を、41%が「自分にかかっている業務負荷の可視化」を求めていました。

社員同士の業務量の可視化や“サポートの交換”が進めば、「この仕事は“あの人”じゃなきゃダメ!」といった職場で起こりがちな特定の社員の仕事の“抱え込み”も少なくなっていき、かえって風通しがよくなる可能性も。

さらに、半期に1度の目標設定の際に、時間効率に着目することも重要になっていくのではないでしょうか。

 

以上、“ママボス”が職場にもたらすメリット・デメリットでしたが、いかがでしょうか。

まずはママが管理職になるための大前提が、本人の「この環境なら管理職ができる」という確信とモチベーション。社内の理解や社員全体の“サポートの交換”が浸透することで、いろんな考え方が反映された、優しく、しなやかな組織になるのではないでしょうか。

 

【関連記事】

育休後に会社に戻らなかった理由…4位「ホカツ失敗」を超えた1位は?

それ本当に?レス知らず「セックスフルな国々」の日本人驚きの文化4つ

ちゃんと育児してるのー!?「美人すぎるママ」がさらされる悲しい憶測

あんなに優しかった妻が…出産後「鬼嫁に変わってしまう」3つの理由

夫婦円満度ダダ下がり!「夫の不公平感」を増長させるNGセリフ3種

 

【参考】

The Global Gender Gap Report 2016 – 世界経済フォーラム

「ワーキングマザーに関する意識調査」 - エン・ジャパン

 

【画像】

※ わたなべ りょう / PIXTA(ピクスタ)

ピックアップ記事一覧