ゴメン無理…!職場で「飲み会に誘いたくない同僚」のNG行動3つ

by

職場

人間関係, 好感度, 飲み会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

職場で気の合う仲間と、アフター5には飲み会に行く人も多いでしょう。

今は忘年会シーズンでもあるので、今年一年を労って非公式の忘年会を開催しているビジネスウーマンもいるかもしれません。

しかし、そんな非公式な飲み会に「誘いたくない……」と思ってしまう同僚もいるものです。

職場の仲間との席とはいえプライベートな時間を過ごしたいだけに、苦手な人にはあえて声をかけないというのもありがちな話です。

職場の非公式な飲み会に「誘いたくない」と思われてしまう人には、やっぱり特徴があるかもしれません!

今回は、様々な人間模様を見てきた元市議の筆者が、職場で飲み会に誘いたくない同僚のNG行動を3つご紹介していきましょう。

 

■NG行動1:全部筒抜けになるリスクがある“おしゃべりさん”

おしゃべりな人がいると、飲み会での会話にも気を遣いますよね。

わざわざ“箝口令(かんこうれい)”を敷くほどではないにしても、アルコールの場で話したことはその場で終わらせる……という暗黙のルールがあるのがオトナ社会。

だからこそ、おしゃべりな人が参加して飲み会の会話が筒抜けに……!などという、掟破りな事態は避けたい人が多いのです。

日頃から「あの人はおしゃべり」と噂されている人を呼んでしまえば、その場で話した悪口や愚痴がダダ漏れになりそうですから、なかなか呼びにくくなってしまいますよね。

会話をバラされる立場からすれば、賢明な判断です。

 

■NG行動2:毎回合コンになりがちな“スグ部外者を呼ぶ”

職場の仲間と飲むときには、心置きなく共通の話題ができるのも魅力。

しかし、飲み会というとスグ部外者を呼びたがるタイプも「ちょっと誘いにくい」と思われてしまう傾向にあります。

最初から“合コン”や“異業種交流飲み会”などと目的が明確なときならまったく問題なくとも、「今日、飲みに行かない?」という突発的なお誘いに「じゃ、男友達呼んでみる~」などと部外者をいれたがる人がいると……、疲れるものですよね。

「サクッと飲んで帰りたかったのに、なぜか合コンみたいになっちゃった!」なんて場面が多いと、そんな展開にしちゃう人は「誘いたくない」って思われることもあるのです。

その日の空気を読んだ飲み会にしてもらいたいですよね。

 

■NG行動3:明日も仕事なのに……“帰りたがらない”

平日の飲みは、手軽に飲んでサッと帰宅したい人も少なくないはず。

合コンや飲み会ならば仕方なくとも、「軽く飲んで行こうか~」というときにはあまり遅くなりたくないですよね。

だからこそ、一度飲みにいったらなかなか帰りたがらないというタイプも、「ちょっと誘いにくいんだよなぁ」と思われがちです。

「あの人と飲むと、長くなるから」と思われてしまえば、ガッツリ飲みたい日には誘われることがあっても、気軽にサッと飲みたい日には避けられてしまう傾向にあります。

場の空気を読んで参加者がそろそろ帰りたがっていないか、的確にジャッジするスキルが求められます。

 

以上、職場で飲み会に誘いたくない同僚のNG行動3つでしたが、いかがでしょうか?

同僚同士で飲みに行くシーンは、仕事のオフレコ話もできるのでストレス発散の場にもなりますよね。

でも、「あの人、ちょっと誘いたくない」と思われる行動をしてしまえば、お声がかかりにくくなってしまうのも、現実です……。自らの行動のせいで飲みの誘いがかかってこなくなるなんて、ガッカリすぎますし残念なことですよね!?

職場の仲間からのお誘いがナイ、みんなは飲んでいる様子なのに自分には声がかからない……と感じるならば、何かしらの原因があるかもしれません。

ところであなたにも、悪いなと思いつつも「あの人は、ちょっと声をかけないでおこう」と判断してしまう同僚が存在しますか……?

 

【関連記事】

※ ヤバッ寝坊した…!「仕事に遅刻する」とき納得されやすい理由1位は

※ 4人に1人が!? 会社に「勝負下着」を着ていく理由…1位は意外なメリット

※ エッ…そんなコト!? 「会社の個室トイレ」でしている意外な1位は

※ 2位は口臭!同僚が気になって仕方ない「女の身だしなみ」1位は…

※ 2位メールチェック!仕事の宴席中に「女子がトイレでしているコト」1位は

 

【画像】

※ ightwavemedia / PIXTA(ピクスタ)

ピックアップ記事一覧