セックスレス不可避?「夫をがっかりさせちゃう」ポイントと改善点

by

恋愛・結婚

共働き, 夫婦, セックスレス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

セックスレスにお悩みの夫婦もいるでしょう。

新婚当初はラブラブでも、時間が経過するにつれ、夫婦なのに“単なる同居人”のようになってしまうカップルも珍しくありませんよね。

とはいえ、夜の営みでコミュニケーションをとることも、円満ラブをキープする一要素。

末永く愛を継続するためにも、レスはできるだけ避けたい事態です。

今回は、『BizLady』の過去記事を集め、セックスレスに至りがちな夫婦にありがちな共通点と改善ポイントをご紹介していきましょう。

 

■1:妻のNG姿がキッカケでレスに!?

セックスレスは、夫が妻を“女性”として見られなくなることも原因の一つです。

過去記事の「セックスレス不可避!? 帰宅後“夫がガッカリする妻のNG姿”3つ」では、夫の意欲を削いでしまう妻にありがちな姿をご紹介。それによると、次のようなタイプの妻はレスに陥りやすい傾向にあるのです。

(1)ヒステリックに夫を罵る

(2)不潔っぽい

(3)妻だけ酔っ払う

ただでさえすれ違いの多い共働き夫婦だからこそ、ともに過ごす時間に見せる姿によって、レスを加速させてしまうリスクも大きいのではないでしょうか。

心当たりがあるならば、ぜひ今日から改善してみて損はありません。夫婦になると気を抜きがちな場面も増えますが、夫がいつまでも女性として見てくれる女性を目指したいですよね。

 

■2:日々の言動で夫の心が離れることもある

また、直接にレスを招く行動だけでなく、夫に対する日頃の接し方もレスを防ぐために大事なのは言うまでもありません。

過去記事の「まさか手遅れ…お宅は!? “夫がドンドン離れていく”妻のNG行動3つ」では、男性の心が離れてしまう言動について以下のように述べています。

(1)言わなくても気持ちを分かってくれると思い込む

(2)夫の細かい行動に目くじらを立てる

(3)自分の恥ずかしい性癖を隠す

夫婦になった後も積極的にコミュニケーションをとり、相手に寛容な心を持ちながら恥ずかしいことも包み隠さず伝えていくことが大事なのです。

優しさを忘れずに接していくことが、円満ラブの秘訣になります。

 

■3:レスを防ぐ秘訣って……?

では、レスを未然に防ぐためにはどんなことを心がければいいのでしょうか?

過去記事の「海外カップルはどうしてるの?“セックスレスにならない”秘訣3つ」では、レスを回避するためには次のような意識が重要だとお伝えしています。

(1)夫の前で女性であることを忘れない

(2)スキンシップを増やす

(3)女性からも誘う

日本人女性は他国と比較して恥じらいが強く、そんなこともレス大国になっている背景に関係があるかもしれません。

夫とのラブラブがキープできれば仕事への活力にもなりますから、多忙な日々の中でも心がけてみるといいのではないでしょうか。

夫から誘われるのを待っているだけでは、レス化が加速しちゃいそうと思うなら、ぜひ意識してみてください。

 

以上、セックスレスに陥りやすくなる妻の言動でしたが、いかがでしょうか?

セックスレスを食い止めるためには、夫にガッカリさせちゃう姿を見せないことや心を離さないよう工夫して接すること、さらには夫婦仲を改善するためのコツを意識するのが近道なのではないでしょうか。

「すでにレスに陥り始めている……」というかたは、まずは夫とのスキンシップを増やすことから心がけてみるといいかもしれません。

 

【関連記事】

※ 9割の男性は希望!でも…同棲で「結婚が遠のく」想定外の背景3つ

※ ショック…円満ラブ夫婦の秘訣は「共働き妻泣かせ」だった!?

※ 夫婦でこんなに違う!「妻や夫に言われてムカッとくること」男女別ワースト6

※ イヤッ!ソコ触らないで…「産後に夫にタッチされたくない」体の部位3つ

※ せいせいするほど「夫が大嫌い」!それでも別れられない5つの理由

ピックアップ記事一覧