母から女性に…!働くママの束の間の「シンデレラタイム」充実のコツ

by

妊娠・育児

共働き, 夫婦, 円満

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

「あぁ、もう少し自分の時間がほしい!」と働くママは時々叫びたくなるときがあるのではないでしょうか。

寒風にさらされながら、ママチャリに乗って駆けずり回り、自宅に着いたら家事に追われ、泥のように疲れて子どもと一緒に寝オチなんてことも……。

ママの限りある夜のプライベート時間を“シンデレラタイム”なんて呼ぶこともありますが、母から女性に戻る時間を確保するコツとは? 明日もがんばるための過ごし方とは?

今回は、過去の人気記事から夜の過ごし方をまとめました。

 

■1:今日は絶対に寝オチしたくない! そんなときにやるべきことは?

子どもと一緒に寝オチして、気付けば夜中の2時。そして、目がさえちゃって眠れない……という最悪パターンは誰でも経験したことがあるのでは?

大事な夜をムダにしてしまったような残念な事態を回避するためには「夜の自分時間を死守!働きママが“寝かしつけで寝オチしない”方法4つ」にあるように、寝かしつけのちょっと前に緑茶を飲んでおくのがおすすめです。

カフェインと利尿作用とで、万が一寝てしまっても眠りが浅いうちに「ハッ」と目覚めやすくなります。

 

■2:寝かしつけが終わったら! 「リビングデート」でパパと2人きりの夜を

無事寝かしつけ完了! 「子ども寝かせて…アレしよっ!共働き夫婦の“ラブラブ夜デート”プラン4つ」でお届けしたように、「急げ! 急げ!」と過ごしてきた1日の最後は急がない時間を。パパとキャンドルの光で映画を見たり、お酒を飲んだりしながら、甘い時間を過ごしてくださいね。

ボードゲームに興じるのも楽しそうですね!

 

■3:子どもには内緒でとっておいた「ぜいたくスイーツ」や「プチ高級食材」を

普段は節約のために発泡酒でガマン。高級アイスが大好きだけど70円のアイスでガマン。1枚1,000円の霜降りステーキが好物だけど、398円のサイコロステーキでガマン。

日常生活にはこんな“ガマン”があふれていますよね。

1週間に1度くらい、自分たちへのごほうびとして、ゆっくり誰にも邪魔されずにおいしいモノを食べたい!

幸福度アップ!共働きでも超簡単にできる“夫へのおもてなし”4選」のようにパパと2人でおいしいものをこっそり食べる“背徳感”を味わってみては?

もちろんパパに内緒で1人で食べて「はぁ、スッキリしたから明日もみんなに優しくできる」と、心の軌道修正ができればいいんです!

 

以上、ママの“シンデレラタイム”を充実させるコツでしたが、いかがでしょうか?

夜更かしはできなくても、限られた“自由時間”で活力を補給しましょう!

 

【関連記事】

6位「将来役に立つ」より大事!働くママが子どもの習い事を選ぶ基準1位は…

愛してるの言葉より…!「疲れた時パートナーに望むこと」半数に迫る回答は

ピックアップ記事一覧