フェイスケアに「頭皮」が重要なワケ…ビューティーアドバイザーが伝授!

by

美容・健康

スキンケア, コツ, 美容

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

調べものがしやすくなった現代、スキンケアアイテムや美肌マッサージ法などにも詳しい、という女性は多いもの。

一方で、長年自己流ケアを貫いている……という人もけっこういるのでは?

せっかく高級なアイテムを使っても、ケアに時間をかけても、その自己流ケアがあまり意味のないものだったら……もったいないことこの上ない!

そこで今回は、有名化粧品メーカーのサロンで、美肌を目指せるケア法を伝授してもらいました。

ビューティーアドバイザーが教えてくれたその方法、カギはなんと、顔ではなく“頭”に!?

 

■フェイスケアに“頭”が重要なワケ……「顔と頭は繋がっている」!

映画やドラマの現場でよく使われ、女優やモデルたちに愛用者が多いことで有名な『KohGenDo』。

直営店舗では無料マッサージ体験などを随時実施していて、ビューティーアドバイザーさんが相談に乗ってくれます。

そのKohGenDo麻布本店サロンによると、「顔のマッサージをする時は、まずは頭から」なのだそう。

美肌を目指すのに、なぜ頭!? と思いますよね? そこには、こんな理由があるのだとか。

・顔と頭は、一枚皮でつながっている=“頭皮も顔と同じ皮膚”だと考える

・ほぐす部位は、”上から順に”=“頭皮から顔”という順番が合理的

だから顔のマッサージをする時は、最初に頭皮をもみほぐすことから始めた方がより良いのだそう。

その際は爪を立てず、指の腹や関節を使って心地よいと感じる程度の強さで。

それを経て、いよいよ顔のマッサージに!

 

■つい強くしがちな自己流フェイスマッサージ……強すぎはNG! 撫でる程度でもOK!

顔のマッサージをするにあたって、守りたいのはこんなこと。

・頭もしくは額から始める

・リンパを意識

・強すぎはNG

“上から”、つまり頭もしくは額から始める、という基本を念頭におき、“コリをやわらげる”という意識で。その際、眉間や両眉を、掌の付け根などを当てて押し上げるようにするといいのだそう。

リンパに関しては、“リンパの流れに沿ってマッサージ”など、聞いたことがある人もいると思いますが、“強さ”には注意。

ちょっと強めにマッサージすると“イタ気持ちよさ”があり、自己流マッサージではつい「強いほど効くのでは!?」という気持ちも働きがちですよね。

しかし、いくらイタ気持ちいいからといって、強すぎはNG。それほど強くしなくても、手のひらや指の腹を使って撫でているだけでもじゅうぶん、とのことでした。

 

■部分ケアのポイントも、やっぱり「頭皮」! 気になる箇所の延長上を意識して

部分的に気になる箇所がある人は、とくにそこを意識するといいそう。例えば……、

・目尻の小ジワが気になる……クリームを付けた指を目頭→まぶた→目尻と撫で、小ジワを意識しながら目の下に滑らせる

・ほうれい線が気になる……中指を軽く押しあてるようにして、ほうれい線のラインに沿って上に滑らせる

などなど。

ちなみにここでも、“頭皮”はポイントに。「気になる箇所の延長上を意識して、頭皮のマッサージをするといい」のだとか。

目尻の小ジワなら、「この小ジワの延長上にある頭皮はどの辺りだろう?」と想像し、そこを意識してマッサージ。

こういった視点も、ビューティーアドバイザーさんならではですよね。

 

以上、ビューティーアドバイザー直伝・フェイス&頭皮マッサージのコツでしたが、いかがでしょうか?

フェイスケアに頭皮が大事……なんて、考えたこともなかった!という人も少なくないのでは?

ビューティーアドバイザーさんの意見を上手に日々のケアに組み込めば、あなたの理想とする美肌に一歩近づけるかも!?

 

【関連記事】

※ 抜け毛の原因にも!? 冬こそ見直したい「頭皮の乾燥」対策5つ

手抜き上手なフランス人流!全身保湿ケアできる「ながら美容法」3つ

疲れがとれる!たった1分で美肌にも効く「腎臓マッサージ」とは

あなたの「冷えタイプ」は?万病のもと体の冷えをタイプ別に対策

「また会いたい…」と思わせる!仕事で恋愛でスグ役立つ第一印象アップ法

 

【参考】

KohGenDo 麻布本店サロン

 

【画像】

※  Ushico / PIXTA(ピクスタ)

ピックアップ記事一覧