2位茨城3.6万円!「1ヶ月のおこづかい額」4.5万円の県別1位は

by

マネー

ファッション, お金, 行動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

新しい年が始まると、生活や行動など、「心を入れかえよう!」と、気を引き締めたいものですよね。なかでも“お金の使い方”は、改めたいことのひとつではないでしょうか。

手元に入ってくるお金は変わらずとも、月々に出ていくお金は“心がけ”次第で変わるもの。せっかくなので、有効に使っていきたいですよね。

けれども、他の人がどのようにお金を使っているか……なんて、なかなか聞けないもの。

そこで今回は、ソニー生命保険株式会社が行った「47都道府県別 生活意識調査」をもとに、各県のお財布事情をひも解いていきます。

 

■あなたはいくら? 月に使えるおこづかい

全国の20歳~59歳の男女に対し、各都道府県100名(47,000人)を対象に、ソニー生命保険株式会社が行ったリサーチには、お金に関するランキングもありました。

あなたは、毎月おこづかいとして使える金額は決まっていますか?

調査より、全国各地の平均が、浮き彫りになりました。

zu_1

平均金額1位は「東京都」で45,850円。2位は「茨城県」で36,750円、3位は「神奈川県」で33,550円でした。全国平均金額は27,278円なので、東京都は平均の1.6倍強も、おこづかいとして使っているという計算です。

関東2県がランクインしているのは、物価の高さにも比例しているのでしょうか。

 

■女性力を高めるために……自分にかける“お金”は?

それでは次に、できるだけお金をかけたいと思うものを聞き、お金をかけたいものとして選択された割合の高いモノをみていきましょう。

ますは、「衣類・ファッション」。

zu-2

1位は「静岡県」で24%。2位は同率で「広島県」「高知県」「熊本県」が23%でランクイン。全国平均は16.5%となっています。

次は、「美容・化粧品」。

zu-3

1位は「佐賀県」20.0%。2位「栃木県」18.0%。3位「静岡県」17.0%、4位「熊本県」16.0%となっています。

静岡県、熊本県は両方とも上位にランクイン。この2県の女子には、おしゃれに敏感な人が多いのかもしれませんね。

 

■自分磨きが好きな人の多い県は?

次に自分磨き、“自己投資”として使っている金額を見てみましょう。

zu-4

1位は「東京都」で11,295円、2位「京都府」で8,510円、3位「香川県」で8,235円。

「京都府」のおこづかいは、7位で30,850円。「香川県」は5位で31,500円。

おこづかいで2位だった「茨城県」は15位の7,050円。3位だった「神奈川県」は7,910円と4位でしたので、おこづかいの高めの県ほど、自己投資に費やす金額が高いことがうかがえますね。

平均金額は6,521円なので、東京都民は全国の2倍強を自己投資に充てているのですね。

 

以上、女性力を高めるお財布事情についてでしたが、いかがでしょうか。

今年は女性力を高めるために、ちょっぴり意識してお金を使ってみませんか?

 

【関連記事】

「冬こそデートしたい」が8割!初々しいカップルの場所選びのポイント 

忘新年会で盛り上がる!美人に可愛い方言…「県対抗なんでも自慢」

美肌県女子がこぞって食べてる!「美肌に近づく食品」と食べ方とは

神奈川県民は日本一せっかち!? 関東が上位独占「せっかちな県民」ランキング

県民ショック!名前は知ってるけど「どこにあるかわからない県」1位は…

 

【参考】

「47都道府県別生活意識調査2016」 – ソニー生命保険株式会社

 

【画像】

Pixabay

ピックアップ記事一覧