1位「仕事量多すぎ」!時間が足りないと思う社会人の要因ワースト3

by

暮らし

マネジメント, モチベーション, 管理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

20170117maki003

今の生活に時間は足りていますか?

仕事が多忙だと、何かをしたくても「時間が足りないっ!」と感じている女性もいますよね。

ワコムが20代から40代の社会人363名に実施した「時間に関する調査」によれば、「時間が足りない(もっと欲しい)と思うことがある」と回答した人は、87.3%にも達しているんです。

もしかすると、あなたもまさに今「時間が足りない。もっと時間があれば……」と感じているかもしれませんね。

では、時間が足りなくなる理由って、いったいどこにあるのでしょうか!?

同調査をもとに、イマドキ社会人が「時間が足りない」と感じている要因のワースト3をご紹介します。

 

■ワースト3位:必要に迫られることだけに削るのが難しい「家事」

「時間が足りない主な理由は?」と質問をぶつけてみると、ワースト3位になっているのは36.3%が選んだ「家事」という結果に。

家にいる時間はすべて日常の雑務に消えてしまっている……という人ほど、「家事のせいで時間がない!」と感じているものかもしれません。

残業をした日だと、仕事以外の時間はすべて家事に消えてしまうこともありますよね。

家事代行サービスを利用したり、“ながら家事”を応用するなどの時短テクなどを駆使することで、今よりも時間を捻出することが叶うかもしれません。

 

■ワースト2位:課題があるのはわかっていても改善が難しい「時間の使い方」

続いて、同質問に対して38.5%が選びワースト2位になっていたのは「時間の使い方」です。

現在の時間の使い方について、自分なりに課題を感じている人も少なくない実態が浮き彫りとなっています。

「本当は今日中にこれを終わらせたかったのに、やっぱりできなかった……」なんて自己嫌悪に陥っている人もいそうですね。

朝時間を活用したり、まずは週末の過ごし方を変えてみたりすると時間を捻出することができるかもしれません。

 

■ワースト1位:自分で調整できない部分も大きい「仕事量」

そして、同質問に対して73.5%が選んでワースト1位になっていたのは「仕事量」です。

およそ7割の人が、自分自身の仕事量について「時間ができないのは仕事のせい……」と感じているようです。自分の力だけでは調整できない部分もあるので、難しい問題ですね。

ちなみに、同調査で“仕事量”の中でもさらに具体的な内容を突き詰めていくと、「資料・企画書作り」が最も多く、63.5%もの人が選択していました。

資料や企画書作りは“完成形”が難しいだけに、凝ってしまうととことん時間がかかります。

自分なりに“過去に評価の高かった文書”のパターンを見つけておくと、少しは時間を短縮できるかもしれません。

 

以上、「時間が足りない」と感じている要因のワースト3でしたが、いかがでしょうか?

「時間が足りない!」と感じる理由は、やはり仕事が大きい実態が浮き彫りになる結果でした。

もしも今、あなたも「時間が足りない」と思っているのであれば、まずは日々のルーティンを見直すところから始め、ちょっとでも削れそうな時間があるならば、そこから着手してみるといいかもしれません。

時間は誰にでも平等に与えられているもの。上手に効率化を図ることが、毎日の充実度をアップさせる秘訣ですよね!

 

【関連記事】

※ 「部屋が片付かない」理由って?散らかし女子の切実な本音1位は…

※ 「生理中の睡眠」が妨害される出来事…2位横モレを超える1位は

※ 長続きカップルはやっている!「愛が深まる平日夜」の過ごし方

※ 密かに「ご近所から嫌われる」女性…3位ゴミ出し破りよりイタイ1位は

※ エッ…そんなコト!? 「会社の個室トイレ」でしている意外な1位は

 

【参考】

※ 「時間」に関する調査 – ワコム

ピックアップ記事一覧