あの子と何が違う…? 「職場で愛される人」がこっそり実践しているコト

by

職場

人間関係, 職場, 共働き、コミュニケーション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

Fotolia_123292754_Subscription_Monthly_M

職場で人気のある女性といわれると、つい若くて可愛い女性社員を想像してしまいませんか?

もしくは、気遣い上手で仕事ができる女性といった具合に内面的なものの評価が高いこと。

確かに外見的に恵まれていることや性格がいいことは人に好かれるポイントにはなりますが、ただそれだけで年齢も好みも何もかも違う人の集まりである職場において、愛される存在になるかと言えば、答えはノーです。

職場は同期組や転職組など、親しい人間関係が完全に確立され、グループ化しているような環境もあるため、その人自体がよい人であっても、なかなか評価されないなんてことはよくあること。

そこで今回は、さまざまな企業を渡り歩いてきた筆者自身の経験も踏まえ、“いつも職場で愛される人がこっそり実践していること”をご紹介したいと思います。

 

■1:じつは出会いの場!? 共有スペースで立ち話

会社で顔が広いと、いざというときに助けられることも……。

例えば無理なお願いを通してもらえたり、他部署とのコミュニケーションを円滑に図れることにもつながります。

もちろん上司や同僚との人間関係はことさら重要なもので、お互いに風通しのよい関係でいることは、勘違いによるミスを減らしたり、相談しやすい環境を作ります。

それでは、そんな彼らと親交を深めるための場所のひとつにフェスペースなど皆が共有できる場所があります。

他部署の社員と思いがけなく知り合えたり、上司や同僚と何気なく会話ができるので、使える空間なのです。

このような場所で積極的にコミュニケーションを取ることで、人の輪が広がっていくことも……。

ちょっとした話題で盛り上がり、人との関係作りができることこそ、愛され上手の秘訣なのかもしれません。

 

■2:わかりやすいのが◎! 態度もファッションもメイクも自分らしく

周りから愛されるタイプは、「自分のよさはわかる人だけにわかればいいし……」みたいな理屈っぽい言い訳はしません。

大切なのは、自分はどういう人間なのか、わかりやすく周りに表現できること。

変に取り繕った態度を取るよりは、シンプルではっきりした対応の方が周りも気を遣わず、楽なものです。

職場の環境にもよりますが、何でもかんでも「YES」ウーマンでは、今の時代やっぱりNG。

自分の意見を周りにしっかりかつ上手に伝えられることは、デキる女性の条件でもあります。

また、ファッションやメイクも「●●さんらしいね」なんて言われるくらいの自分カラーを持つことは、意外に便利。

誤解を生み出すような外見は避けたいですが、ある程度は見た目で判断されることも、コミュニケーションにおいては楽な面もあります。

 

■3:気の利いたステーショナリー使いで相手にアピール!

デスクの様子は、その人自身を表すもの。

机の上に並ぶ、ノートやペン、はさみなどはその人のセンスがきらりと光るアイテムでもあります。

ちょっとした伝言を残す際など、シンプルにポストイットでもOKですが、オリジナリティ感じるメモアイテムを使用すると、相手の記憶に留まりやすいでしょう。

思わず相手がほっこりしたり、くすりと笑ってしまうようなアイテムを使って伝言を残すのは、上手な心配りでもあります。

このようなひと手間の中にこそ、人間性が垣間見えるものなので、何気ない場面でのちょっとした工夫を大切にしたいですね。

 

以上、“いつも職場で愛される人がこっそり実践していること”でしたが、いかがでしょうか?

ちょっとしたやりとりのコツやコミュニケーションを生み出す工夫など、職場の人間関係を良好にするにはある程度の努力は必要。

いつも人に好かれ、周りに恵まれている人は、その労力を惜しまず実践しているからこそ、同僚からも羨まれる存在になれるのかもしれませんね。

 

【関連記事】

※ 男女500人に聞いた!「この人は信頼できる」と思う同僚トップ5

※ 元No.1キャバ嬢秘伝!上司が思わず「力を貸してあげたくなる相談」4つ

木村文乃に学ぶ!職場で「ちょっと気になる存在」になる方法

※ 超シンプル!「聞き上手」を極めれば仕事も恋愛もうまくいく

※ ゴメン無理…!職場で「飲み会に誘いたくない同僚」のNG行動3つ

ピックアップ記事一覧