お雑煮食べたのたった4割!? 年末年始の伝統「しなかったこと」ワースト3 

by

暮らし

教養, イベント, 生活

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

pixta_11917694_S

働く女性にとっての代表的な長期休暇は、“お正月”や“ゴールデンウィーク”ですよね。

年末年始の休暇が過ぎた今、「早くゴールデンウィークにならないかなぁ」なんて思っている人もいるかもしれません。

ところで、今年のお正月にはどんなことをして過ごしましたか?

「ニッポン古来の伝統的な過ごしかたをする人は減少している」なんて説もありますが、あれって本当なのでしょうか?

マイボイスコムが11,134件の回答を集めた「クリスマス・お正月の過ごし方に関するインターネット調査」をもとに、2016年末~2017年の年末年始にみんなが意外と“やっていなかった”ニッポン古来の伝統ワースト3をランキング形式でご紹介しましょう。

 

■ワースト3位:地域によっても特色があるからこそ、次世代にも繋げたい「お雑煮」

“お正月関連の準備や行ったもの”を調査したところ、今回の調査で3番目に少なかったのが「お雑煮」で41.9%しか実践していなかった実態が明らかになりました。つまり、およそ6割がお正月のお雑煮を食べなかったということ……。

お正月といえば、“お雑煮”を楽しみにしている人も多いのかと思いきや、作っている人のほうが少なかった事実には驚いたかたもいるのでは?

年末年始に海外旅行に出る人が多いことも、関係しているのでしょうか。

 

■ワースト2位:お正月といえば……の時代は終わりつつある!? 「おせち料理」

続いて、同調査で2番目に少なかったのが「おせち料理」で今年は40.1%しか準備しなかったようです。

こちらも3位のお雑煮同様に、お正月の伝統料理として受け継がれている家庭が多いのかと思いきや「お正月のおせちは準備しません!」という人も少なくないのですね。

自分では準備せずとも、帰省先や親戚の家で食べたという人はいるかもしれませんが、各家庭で準備すべきモノと思っている人には衝撃的な実態ですよね。

こちらも、およそ6割が自分では準備しなかった、あるいは食べることもなかったようです。

 

■ワースト1位:年末の恒例行事は昔の話? 「大掃除」

そして、同調査でもっとも行った人が多かったのは「大掃除」で34.8%しか経験していませんでした。

昔から、年末の恒例行事として挙げられているものの「忙しくてそんな時間ないもん」という人も増えているのかもしれません。

日頃からキチンと掃除をしておけばあえての大掃除は必要ないケースもあるものの、伝統行事として「やらないと気が済まない」という人もいますよね。

掃除をしている時間もないほどに、多忙を極めているということなのでしょうか。

 

以上、お正月にしなかった伝統行事ワースト3でしたが、いかがでしょうか?

今回の調査で使われていた選択肢は全部で5つで、「年賀状」「年越しそば」「お雑煮」「おせち料理」「大掃除」です。

この中でも、「年賀状」は53.3%「年越しそば」は49.0%とおよそ半数が準備や実践をしているものの、他の3つの選択肢についてはお伝えしたような結果になっているんです。

時代の変化によってお正月の過ごしかたにも変化が訪れているのかもしれませんが、古来からの風習が失われていくことには寂しさを感じる人もいるのではないでしょうか。

長期休暇のうちでも、年末年始には伝統行事が多いですよね。

あなたは直近の年末年始で、どんなコトを準備して実践しましたか? この実態を知ってしまったからには「今度の年末年始こそ、伝統行事をもっとやろう!」と思った人もいるかもしれませんね。

 

【関連記事】

※ 満足できない!「彼氏に求めすぎてしまう」女性に足りないもの3つ

※ 消えてくれればいいのに…!「職場でウザい同僚」のNG特徴3つ

※ 彼と…じゃない!? イマドキ女性の「休日の過ごしかた」1位が驚き

※ 男性経験は●人!アラサー働き女子の「リアルな生活実態」が判明

※ リア充の人ほど煩わしい認定されちゃう?「SNS嫌われ投稿」3つ

 

【参考】

※ クリスマス・お正月の過ごし方に関するアンケート調査 – マイボイスコム

 

【画像】

※ Natural Box / PIXTA(ピクスタ)

ピックアップ記事一覧