慕われる先輩に!「後輩に気持ちよく働いてもらう」ための心得3つ

by

職場

人間関係, コミュニケーション, キャリア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

Japanese women have a pair of glasses

若手社員の頃は、もっぱら上司や先輩、同期との関係構築が課題でしょう。

しかしBizLady世代になると、上記に加えて、後輩社員との関係に頭を悩ませる女性が徐々に増えてくるようです。

職場の後輩から一目おかれつつ慕われる先輩になるためにはどうすればよいでしょうか?

そこで今回は、“後輩側”だった頃の筆者の経験をもとに、後輩から慕われ「一緒に働きたい」と思われる先輩女子像をご紹介します。

 

■1: 感情的にならない、私情は持ち込まない

仕事ですから、時には後輩に対して厳しく注意しなければならないこともあるでしょう。ですが、叱り方があまりにも感情的すぎたりヒステリックだと、後輩の気持ちは離れていってしまうかも。

後輩のミスや間違った態度は、「なぜ、ダメなのか」「どう間違っているのか」理由を明確に説明しながら冷静に淡々と伝えた方が良いでしょう。後輩が犯したミスと関係のない個人的なことを持ち出して嫌味を言うのは、もちろん厳禁。

職場には色々なタイプの人がいるので、自分の中のごく個人的な感情(嫉妬心、対抗意識、劣等感など)が刺激されてしまうこともあるかもしれません。けれども、後輩はあくまで“一緒に仕事をする仲間”です。

「男性社員にちやほやされるのも今のうちよ~」「そんな可愛い服着てくるなんて、男ウケ狙ってる?」「もしかして○○さんのこと好きなの?」など、仕事と関係ない個人的な嫌味はつつしんだ方が良いでしょう。

反対に、「オトコを落とすテク、教えてあげる」などの恋愛アドバイスも、おそらくほとんどの後輩女子は求めていません。

過去記事「仕事始めは要注意?絶対に送っちゃダメな“職場メール”の内容3つ」でもお伝えしましたが、とくに恋愛や外見に絡む話題はセクハラ認定される恐れもあるため、立場が上の先輩女子からその手の話題に触れるのはやめるべき。

 

■2: 他人の噂話は普段からしないようにする

後輩から尊敬され慕われる先輩は、他人の家庭や恋愛事情などの噂話にはあまり参加してないもの。

日ごろから噂話ばかりしている口の軽そうな先輩には、後輩としても深刻な悩み事を相談しにくいでしょう。自分の仕事に集中して、プロフェッショナルで口の堅い印象をアピールしたほうが、後輩から信頼されるはず。

過去記事「エッ意外!職場の男女に“モテる働き女子”が絶対にやらないこと2つ」でも少し触れましたが、筆者のかつての勤務先でも、男女問わず人気のある先輩女子ほど仕事のみに集中し、他人のプライベートのことをあれこれ批評する人はあまりいませんでした(噂話のターゲットになってしまうことはあったようですが……)。

 

■3: 仕事以外の時間は気さくに振る舞う、お説教しない

オンオフ切り替え上手なのも慕われる先輩の特徴。仕事中は厳しくても、休憩時間や退勤後、飲み会などでは笑顔で優しい。そのギャップに、思わず「カッコいい!」と思ってしまったことも。

反対に、オフの時間に突入しても相変わらずネチネチと嫌味やお説教をしてくる先輩はというと、当たり前かもしれませんがあまり慕われていませんでした。

過去記事「悪い人じゃないケド…!話すと“キツすぎる”と感じるNG特徴ワースト5」でもお伝えしましたが、「話しかけヅラい、キツい」と感じる他人の態度の中でもっとも多かったのが、“すべての返答にさりげなくお説教を混ぜてくる”というものでした。

後輩女子を見ていると、色々至らない点に気づいてしまうので「よかれと思って言っている」という先輩女子もいるのかもしれませんが、せめてオフの時間にはお説教をしないようにしてみては。

 

以上、後輩に「一緒に働きたい」と思われる先輩女子の特徴をご紹介しましたが、いかがでしょうか?

淡々としつつも話しかけやすい雰囲気作りがカギかもしれませんね。

 

【関連記事】

 

※ 聞いてんのッ!? 先輩が怒る「後輩のイヤ~な対応」2位無返答を超えた1位は

※ あなたも悩んでない?「働き女子の切実なお悩み」ワースト3が判明

ピックアップ記事一覧