「すいません」って…恥ずかしすぎる!大人なら気をつけたいメール表現

by

仕事

ビジネススキル, ビジネスマナー, 仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

Fotolia_116832895_Subscription_Monthly_M-2

プライベートだけではなく、ビジネスの場面でも、電話ではなくメールのみで全ての要件を済ませてしまう……なんてことも多くなってきた現代。

日々多数やり取りする、メール。時に相手の文面を見て、違和感を覚えることはありませんか?

逆に言えば、あなたも相手からひそかにそう思われている可能性もある、ということ。だって、「間違ってますよ!」なんて、他人はなかなか指摘してくれませんから……!

改めて確認したい、メールでよく使う言葉の正誤。まさかあなた、「すいませんでした」なんて書いてませんよね……!?

 

■話し言葉なら何とかなっても……「すいません・すみません」モンダイ

例えば、相手との“実際に会っての会話”だったら、「先日はどうも“すいません”でした」と言っても、たいていの人は流してくれるでしょう。

だけど、メールでそのフレーズを使う際には、もちろん“すいません”ではなく“すみません”、ですよね。

ビジネス相手ならば本来は「すみません」よりも、「申し訳ありません」のほうがベターではありますが、謝罪の気持ちを強く表したい場合、「申し訳ありません」を頻用するのも文章としてあまり美しくないもの。

そういった際には謝罪のバリエーションの一つとして登場することもあると思いますが、会話では許されても、さすがに書き言葉で“すいません”は避けたいですよね。

 

■まだ“お世話になって”ない!?  会う前の相手とのメールでの注意点

現代では、まだ会っていない相手とビジネスメールをやり取りすることもあると思います。

そんな相手への最初のメール、あなたは何と書き始めますか?

「お世話になっております。〇〇と申します」……これだと、ちょっと違和感がありますよね。

“お世話になっております”はビジネスメールでよく使われるフレーズですが、まだ会っていない相手への初メールに付けてしまうと、「お世話も何も……」と相手は不自然さを感じるでしょう。

「初めてご連絡いたします」など、“はじめましての間柄”であることをわかりやすく伝え、その後「〇〇社の△△と申します」と続ければ、自然なのではないでしょうか。

常套句であるがゆえに、深く考えずに使ってしまうこともあるかもしれませんが、改めて気をつけたいですね。

 

■「御中」「弊社」「承知」……間違えたくない&ベターなメール表現、あれこれ

その他、ビジネスメールで間違えたくない表現やベターな書き方は、いろいろあります。

・A株式会社 B部 様 → A株式会社 B部 御中

・「当社からの提案は……」 → 「弊社からの提案は……」

・「了解しました」 → 「承知いたしました」

1つ目は言わずもがな。ですが、話し言葉で「御中」と使うことがないうえ、「様」の方が馴染みがあることから、“わかっているのに、うっかり”が発生しがちかもしれません。

2つ目の「当社」と「弊社」。一見同じような意味に思えても、ビジネス相手には、へりくだっている「弊社」を選択したいところ。

3つ目の「了解」について、目上やビジネス相手に使うことの可否が度々議論されますが、「了解しました」に敬意が含まれているのかを疑問視する声がある以上、身内でのやり取り以外は「承知いたしました」がベターでしょう。

 

以上、ビジネスメールで間違えがちな言葉や表現でしたが、いかがでしょうか?

うっかりしてしまった間違い表現にいつの間にか慣れてしまい、気づくことのないまま何年も……なんてこともあり得るかも!?

直近自分が送ったビジネスメール、ちょっと見直してみては……?

 

【関連記事】

※ 物議は「醸すor醸し出す」!? 正解がわかりにくい日本語おさらい

知ってるつもりがうろ覚え…!「正しいか自信がない日本語」おさらい

もうメンドくさっ…!女友達にウザ子認定される「重たLINE」3パターン

※ 地味~にイラッとされてた!? 周囲が「ソレやめてッ」と思う言動

バリキャリ女子の6人に1人が経験…「オレと仕事、どっちが大事 !?」