古いパソコンどうしてる?「正しい処理法」を知って被害を予防しよう

by

暮らし

パソコン, 家電, マナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

新しい年度を迎えるときはいろいろなものを新調したくなりますが、その一つに“パソコン”があります。10年ぐらい使っているという方もいるでしょうが、5年もすると様々な不具合が発生したり、高性能な新製品が発売されたりするので、ある程度定期的に買い替えるというパターンが主流になっているようです。

一方で発生する“古いパソコンの廃棄法”を考える段になると、思考停止状態に陥る人も多いようですので、パソコンを処分するにあたり知っておきたいことをまとめてみました。

 

“リサイクルマーク”があるかどうかを確認

パソコンを買い替えた後、古いパソコンはどうしていますか? 「使わないけどどう処分していいかわからず、物置に放置してある」という筆者のような人はいないでしょうか?

通常はリサイクル料金がかかるのですが、平成15年10月以降のパソコンには、“リサイクルマーク”がついており、無料で簡単にリサイクルすることが可能になっています。

 

リサイクルマークがあるパソコンの廃棄方法

マークがあるパソコンを回収する窓口が各メーカーに設けられていますので、インターネットなどで調べて申し込みをしてください。申し込みが完了すると、メーカーから伝票がおくられてきますので、不要になったパソコンにその伝票を付け、郵便局に引き取ってもらいましょう。

郵便局は回収したパソコンを各メーカーに届け、その後資源として再利用されることになりますので、ゴミにならずにすみますし、メーカーが対応してくれるので安心です。

 

廃棄前のデータ削除は使用者の責任!

メーカーが対応してくれるので安心とはいえ、個人情報などが残ったままリサイクルに出すのはやめましょう。どのような場合でも、データの削除はしっかりと行うほうがよいでしょう。社団法人 電子情報技術産業協会は以下のように警告を発信しています。

<パソコンを廃棄あるいは譲渡した際、ハードディスク【以下 HDD(Hard Disk Drive)】から消去したはずのデータが流出してしまったり、あるいはそれを悪用されるようなトラブルに発展する事例が発生しています。>

このガイドラインによると、「データの削除は使用者の責任」とあります。データを削除しないまま廃棄をし、パソコンのデータが悪用されることがあるとしっかり頭に入れておきましょう。

 

データを「ゴミ箱に入れる」だけでは削除できていません!

デスクトップのデータをゴミ箱に入れ、「ゴミ箱を空にする」をして満足してはいけません。
データを消去するための専用ソフトを使ったり、メーカーによってはデータ削除のための機能があったりしますので、自分のパソコンはどのようにデータを消去すべきかは、各社のサポート窓口に確認をするのが確実です。

例えばApple社では、「Mac OS X:ディスク上のすべてのデータをゼロにする方法」という説明がHPに記載されていますので、その手順通りにやってみるとよいでしょう。わからないことはサポートデスクで丁寧に教えてくれますので、問い合わせをしてみましょう。

 

以上、パソコンの処分方法でしたが、いかがでしょうか?

新しいパソコンを一から設定するのも一苦労ですが、古いパソコンを適切に廃棄することも苦労ついでに一気にやってしまうとよいですね。「後でやろう……」とおいておくと、いつまでも手を付けずに放置、ということになりかねません。

パソコンは便利なものですが、適切に扱って犯罪被害にあわないよう留意しなければならない、という側面ももっています。わからないからと言って適当に済ませず、しっかり対策をするようにしたいものです。

 

【参考】

※ パソコンの廃棄・譲渡時における ハードディスク上のデータ消去に関する 留意事項 – 社団法人 電子情報技術産業協会 

Mac OS X:ディスク上のすべてのデータをゼロにする方法 – Apple

PCリサイクルプログラム – Apple

富士通パソコンリサイクル – 富士通公式HP

使用済みパソコンのリサイクル – SONY 公式HP

 

【画像】

※ naka / PIXTA(ピクスタ)