3位髪がボサボサ…「第一印象がダウンする」ネガティブ要因1位は

by

恋愛・結婚

ビジネスマナー, コミュニケーション, 第一印象

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

会社でもプライベートでも、初対面の印象はとても大事。会社で新年度が始まるこの季節は新しい出会いも多くなりますが、素敵な男性がいたら当然いい印象を抱いて欲しいですよね。

では、男性はどんな時に「うわっ……彼女はナイな」と女性に対してネガティブな第一印象を抱くのでしょうか?

今回は、資生堂のデオドラントブランド『エージーデオ24』が20~40代の働く男女500名を対象とした「ニオイと印象」に関する調査の結果をご紹介しましょう!

 

初対面の印象をアップさせる要因は“表情が明るい”

調査ではまず、「初対面の印象をアップさせる要因になりやすいと思うもの」を尋ねました。すると結果は、

1位・・・「表情が明るい」(75%)

同率2位・・・「服装に清潔感がある」(47%)

同率2位・・・「言葉遣いが丁寧である」(47%)

1位は「表情が明るい」。爽やかな笑顔で挨拶することで、初対面の男性が「おっ、素敵な女性だな」と思ってくれる可能性が高いようです。

2位は「服装に清潔感がある」、3位は「言葉遣いが丁寧である」。大抵の人はこの3つの要素で初対面の人に好印象を抱くようですね。

印象を良くする秘訣をあらかじめ知っておけば、ビジネスや婚活パーティーでも怖いものなしです!

 

第一印象がダウンする要因1位は“不快なニオイ”

では、「初対面の印象をダウンさせる要因になりやすいと思うもの」は何でしょうか?

1位・・・不快なニオイがする(66%)

2位・・・言葉遣いが悪い(54%)

3位・・・髪がぼさぼさである(38%)

4位・・・表情がぎこちない・暗い(37%)

5位・・・声が聞き取りづらい(34%)

1位は圧倒的に「不快なニオイがする」。

初めて会った時にぷ~んと汗やタバコのニオイがしたり、口臭があったり、香水がキツかったりするとゲンメツ。次に会う機会があっても「ゲッ、この間のくさい人だ!」と逃げられてしまう可能性もありそう。

2位は「言葉遣いが悪い」。初対面で乱暴な言葉を遣う人がいたら、「えっ、何この人!?」と普通は思いますよね。

そして3位は「髪がぼさぼさである」。これからの季節、気温が上がり湿気が高くなると髪が乱れる機会も多くなります。ポニーテールにまとめるなどしてあらかじめ防ぎたいものですね。

 

“不快なニオイ”の女性から男性は距離を置きたくなる!?

普通なら、私たちは初対面の人に良くも悪くも“ニオイ”があることを期待しません。良い印象の要因に“いい匂い”が入っていないことからもそれは明らかですが、相手から不快なニオイがすることでネガティブな印象を持つとそれが頭に焼き付いてしまうようです!

過去記事「えっ…ソコ!? 同僚男性が“女子力低い認定”する圧倒的NGポイント1位は」によると、男性が女性に「この人は女子力が低いな」と思うNO.1ポイントはやはり「口臭・体臭がある」。

初対面で体臭や口臭に気付かれて「うわっクサッ……女子力低いな」と思われたら、もう2度と印象を回復するチャンスはなさそう。実際、上記の調査では「ニオイが気になると、自然と物理的に距離をとりたくなる」(28歳・男性)という声も聞かれました。

“清潔感があるかないか”は異性の第一印象にとって大事な要素。しかも、自分ではなかなか気付きにくいニオイに人々は意外に敏感です。特に体臭は会話をしなくても分かってしまうため、薄着になるうえ気温が上がるこれからの季節は十分注意したいものです。

 

以上、「ニオイと印象」に関する調査の結果でしたが、いかがでしょうか?

恋愛だけではなく、整った身だしなみや清潔感はビジネスパーソンのマナーとして重要なポイント。ニオイは笑顔や言葉遣い以前の問題ですので、相手を不快な気持ちにさせないようご注意くださいね!

 

 

【参考】

※ 「ニオイと印象」に関する調査 ‐ 資生堂