私クサいかも…!? 女性たちの気になる「汗対策」あれこれ

by

美容・健康

トレンド, 仕事, 美容

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

日に日に暖かさが増し、汗の気になる季節になってきました。

ある調査によると、一定数の女性が「汗が原因で失敗した経験がある」ことがわかったそう。

できればしたくない、恥ずかしい“汗での失敗”。女性たちはどのような対策をしているのでしょうか。

 

「ニオイが……」「ワキ汗が……」「化粧崩れが……」女性たちが“汗で気になること”

株式会社ユニクロが新社会人の女性100名に行った調査では、「汗をかいた時にどんなことが気になりますか?」と質問。

1位は、「ニオイが気になる」(66%)でした。しっかり対策をしていても、汗をたくさんかいてしまったときに人が接近してくると、「臭っていたらどうしよう……」と不安になりますよね。

2位は、「ワキ汗が目立つ」(63%)。グレーの服なんかなど、ワキ汗が染みて目立ちますよね。「こんな色、着てこなければよかった」と後悔しても時すでに遅し……という経験がある人、いるのでは?

3位は、「化粧が落ちる」(49%)でした。冬は冬で乾燥によるファンデーションのノリの悪さに困るものですが、これからの季節の“汗による崩れ”も本当に厄介。

入念にベースメイクをしても、オフィスに着く頃には汗でどろどろ……なんて、思わず泣けてくるような経験を、女性の多くがしているのではないでしょうか。

その他の答えには「服が汗で湿ってしまう」「素肌や下着が透ける」「汗染みが付いてしまう」などが挙げられました。

 

「汗が気になり過ぎて仕事に身が入らない!」……“汗で失敗”経験女性は、34%!

この調査では「汗で失敗した経験はありますか?」とも質問しています。

あると答えたのは、34%。3人に1人が汗が原因の失敗をした経験があるようです。

具体的には、「においが気になって集中できなかった」「汗ジミができたり、臭う気がして落ち着かなかったりした」という、まさに先述の「汗で気になること」のトップ回答を体現したかのようなもの。

中には、そのことが原因で「仕事に身が入らなかった」という人も。

たかが汗、されど汗……仕事に支障が出るとなると、かなり由々しき問題です。

では世の女性たちは、いったいどんな汗対策をしているのでしょうか?

 

女性たちが答えた「私の汗対策」……王道「制汗剤」に、「辛い・熱い食べ物制限」まで

ここで別のデータをご紹介しましょう。

株式会社プラネットが男女4,731名に行った調査の中で聞いている、「あなたが汗の対策として行っていることは?」という質問で、女性の回答上位だったのはこんなものでした。

・制汗剤を使う・・・57.4%

・ハンカチなどで拭く・・・53.4%

・うちわなどで扇ぐ・・・47.0%

最多回答の「制汗剤」は、男性回答では27.8%と男女でかなりの差がつきました。制汗剤で汗対策をするのは、圧倒的に女性のようです。

その他、男性よりも女性に多かった対策は以下です。

・汗ふきシートを使う26.6%

・汗取り用の肌着を着用する・・・17.3%

・汗取りパッドを使う・・・13.0%

なかには「出かける前は辛い・熱い食べものを控える」という答えもありました。この回答割合は女性2.1%と、男性の0.9%の約2倍でした。

食べ物から気をつける、という徹底ぶりを発揮する女性もいるようです。

 

以上、女性たちの汗での失敗談と対策でしたが、いかがでしょうか。

人間ですから、汗をかくのは当然のこと。そう割り切って気にせずいるのもアリですが、やっぱり人から「臭い」と思われるのはつらいですよね。

汗に悩まされる季節は否応なしにやってきますが、地道に汗対策を頑張りましょう。

 

【参考】

「女性新社会人の汗対策に関する意識調査」 -株式会社ユニクロ 

「汗と制汗剤に関する意識調査」 ―株式会社プラネット

ピックアップ記事一覧