2位スキンシップ!男性が仕事で凹んだとき「彼女や妻に望むこと」1位は

by

恋愛・結婚

共働き, 気配り, 旦那

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

のどが渇いている人にコップ1杯の水を差しだすように、ちょっと仕事のモチベーションが落ちているパートナーには“元気”を注入してあげたいですよね。

“内助の功”なんて堅苦しい理由じゃなくて、大切な人に元気を出してほしいと思ったら、どんなことをしてあげたらいいのでしょうか?

BizLadyでは、男性500人に「仕事で落ち込んだ時、彼女や配偶者のどんな対応が励みになるか」についてアンケートをとりました。ランキング形式でお届けしていきますね!

 

第8位・・・「仕事のグチを聞いてくれる」(4.4%)

女性もグチを吐いて共感してもらえると、ちょっとラクになることがありますよね。ちょっとした弱みを見せられるのは、身近なパートナーだからこそ。いつもグチばかりなら疲れてしまいそうですが、たまにはたっぷり聞いてあげると相手も翌日、スッキリした顔で仕事に行けそうですね。

 

第7位・・・「いつもより優しくしてくれる」(4.6%)

いつも通りに接しながらも、ちょっとした言葉や行動で優しくしてもらえると、男性は癒しを感じるのかもしれません。

 

同率5位・・・「一緒にお酒を飲んでくれる」(5.8%)

お酒は1人でチビチビ飲むより、2人で飲んだ方が楽しい時も。もしカップルでお酒が好きなら「イヤなことは、飲んで忘れてしまえー!」と、缶ビールを“プシュッ”と開けた途端に、沈んだ気持ちが切り替わるのでは?

 

同率5位・・・「楽しい話をしてくれる」(5.8%)

くだらない深夜のバラエティ番組なんかを見ながら、仕事とは全然違う話をして、落ち込んでいたことも忘れてしまう。これぞ、心のホーム!

 

第4位・・・「おいしい料理をつくってくれる」(7.0%)

食べることは、幸せ。そして、その料理がおいしかったらさらに幸せ。お金をかけなくてもいいから、相手に元気を出してもらうために、得意料理をふるまうのもよさそうですね。「明日は、あなたが作ってね」なんて言いながら。

 

第3位・・・「いつもがんばっているね」と努力を認めてくれる(8.8%)

男性も女性と同じく共感が欲しい時があるでしょう。自分で自分のことを認める自信がなくなったら、他者による共感と、承認によってちょっとだけ“元気な自分”になれるかもしれません。

 

第2位・・・「スキンシップをとってくれる」(10.2%)

スキンシップといっても、その言葉の意味は、広範囲。キスかもしれないし、ハグかもしれないし、セックスかもしれない。

人と人は触れ合うことで、リラックスすることもあります。刺激を求めるのではなく、癒しのためにスキンシップを求める男性もいるようです。

 

第1位・・・「大変だったね」といたわってくれる(16.4%)

「こんなに頑張っているのに」と、思っていても、誰だって努力が認められない理不尽な思いを心の中にくすぶらせている時期は誰にだってあります。そんな時、いたわりの言葉が弱った心に染み入ることもあるようです。

2位のスキンシップと組み合わせて、ハグしながら労わってみるのはいかがでしょうか?

 

以上、男性が落ち込んだときに励みになる女性の対応でしたが、いかがでしょうか?

ちなみに、15.2%の男性は「仕事で落ち込んだ時、彼女や妻に望むことはない」と答えていました。そこにあなたがいるだけでいい、他には何も求めないと言う意味なのか、お互い自立した関係なのか、それとも労わりの言葉をあきらめているのか、それはきっとカップルによって様々。

あなたは、身近なパートナーの心の渇きに、1杯の水、差しだすことはできますか?

 

 

【画像】

※  Shellaine Godbold

ピックアップ記事一覧