全力疾走しても痛くないパンプス!「fitfit」を履いて4km歩いてみたら…

by

ファッション, 健康, 通勤

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存
PR

オフィスカジュアルには欠かせない、ヒールのあるパンプス。会社によっては、スニーカー不可という規定もありますよね。

毎日、朝から晩まで履き続けて足が痛い……という悩みを抱えている人も少なくないのではないでしょうか。

『BizLady』が働く女性473名にアンケートをとったところ、7割の人がヒールによる足の悩みを抱えていることが判明。悩みの上位5つは、以下の通りとなりました。

1位「立ちっぱなしの通勤電車で足の裏が痛い」(26.4%)

2位「ヒールのせいで、タコやマメが足にできる」(15.4%)

3位「ヒールのかかとがすぐに削れる」(13.5%)

同率3位「業務中につま先の傷みに耐えられず、こっそり脱いでしまう」(13.5%)

4位「外回りをすると足が痛くなる」(13.1%)

どれも「あるある……」と頷けますよね。

そんな悩みを全て解消するパンプスがあります。

それは、「fitfit」の「パンプニーカー」。

見た目は普通のパンプスと変わらない細身なデザインですが、軽度な外反母趾の人でも履けるくらい楽チンな設計になっています。

 

足にフィットするパンプス! 設計のこだわりは?

ポイントは4つ。1つめは、靴の基本となる木型が、親指を開放する“足なり設計”になっていること。普通のパンプスに比べて中心が親指のほうに寄っていて、ゆとりがありつつ足にフィットするのです。

 

2つめは、ソールの爪先部分の親指側が高く、小指側が低くなっていること。足の形に合わせて作られています。

3つめは、「半ボロネーゼ製法」。前足部は靴下のように足を包む袋状になっています。固い中底をなくし、ソフトな履き心地に。

※パンプニーカーの一部においては「半ボロネーゼ製法」を使用しないものもあります。

4つめは、“3 in 1 スニーカーソール”。しなやかに屈曲する爪先部分の「アウトソール」、かかとの体重を支える「ミッドソール」、歩く際の衝撃を吸収するヒール部分の「衝撃吸収クッション」の3層構造で、まるでスニーカーのような履き心地を実現しています。

本当に履きやすいのか、たくさん歩いても足が痛くならないのか……『BizLady』編集部で試してみました!

 

新品でも履いた瞬間に足に馴染む!

試したのは編集Sと編集N。

編集Sは23.5cmで甲低・幅狭、編集Nは25cmで甲高・幅広と両極端な足の形です。ふたりで「パンプニーカー」を履き、4km歩いてみました。

編集S「履いた瞬間から、フィット感がありますね。生地がやわらかい。私はかかとが小さくて、パンプスを履くとガパガパするのが悩みだったんですけど、これなら大丈夫です」

編集N「私は逆に、かかとの部分が擦れて靴ずれを起こすことが多いんですが、生地がやわらかいので痛くないです。あと、つま先に体重をかけると、ぐっと生地が広がるのがわかります。小指も親指も圧迫されない!」

編集S「“足なり設計”も、歩いていて実感できますね。いつも小指側に体重をかけてしまって、ヒールが外側から斜めに削れていくけれど、地面に対して真っ直ぐ歩ける」

編集N「親指で踏み込んでいる感覚がしますよね。足全体を使って、正しい歩き方ができている気がします」

編集N「つま先を曲げると、生地が広がるのに、かかとはしっかりフィットしているので、安定感があります!」

 

履いていることを忘れるほど歩きやすい

編集S「そろそろ2kmです。上り坂があったけど、疲れることなく歩けるなと感じました。Nさんはどうですか?」

編集N「ぜんぜん痛くならない。履いているのがパンプスなのを忘れるくらい、普通に歩けます」

編集S「通勤だけじゃなくて、お出かけで歩き回る日にもよさそうですよね。フェミニンな服が着たいからスニーカーじゃなくパンプスがいいけど、足が痛くなったら困る日ってあるじゃないですか」

編集N「ソールのクッションのおかげで足裏が痛くならないので、待ち時間が長いテーマパークとか」

編集S「あと、ショッピングのときもいいかも。一日中お店を見て回るから普通のパンプスだとつらいけど、スニーカーだと試着のとき脱ぐのが大変だし」

編集N「ウォーキングパンプスって、“もったり”したデザインのモノも多いですけど、fitfitは見た目が普通のパンプスと同じでかわいいから、いろんなシーンで履けますね」

 

全力疾走しても痛くない!

編集S「歩き始めて1時間経ちました。距離は4km。疲れはどうでしょう?」

編集N「新品のパンプスを履くと必ず靴ずれを起こすので心配していたんですが、全く問題ないです。むしろパンプスが足に馴染んできて、さらに歩きやすくなりました」

編集S「足裏が痛くなる感じがないですよね。ダイエットのために一駅歩いて帰る、とかも大丈夫!」

その後、会社に遅刻しそうなシーンを想定して全力疾走してみましたが、靴底にクッション性があり痛くありませんでした!

カラーバリエーションや種類が豊富なのも◎。

服装の趣味に合わせて選べます。

「もうパンプスはつらい!」とお嘆きの女性は、ぜひ一度「fitfit」を試してみては?

 

【参考】

fitfit「パンプニーカー」詳細はこちら

 

Sponsored by 株式会社fitfit