運動なしでダイエット! 消費カロリーで見る「痩せ日とデブ日」とは

by

美容・健康

ダイエット, コツ, 美容

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

半袖時期の悩みと言えば、やっぱり隠しきれなくなった脂肪……。でも、いざダイエットとなると、走ったり泳いだり、ヨガに筋トレ……「あー、どれも苦手!」と、諦めてしまう人もいるでしょう。

できれば普段の行動にプラスアルファするぐらいで、「手軽にダイエットできないかな~」と思っているあなたに朗報かもしれないデータが! なんと、1週間のうち“痩せやすい日”と“太りやすい日”が存在する可能性がありそうなのです。これは上手く活用しない手はありません。

今回はカロリー消費量を元に、ダイエット計画のヒントを探ってみましょう。

 

“早歩き歩数”は男性の約半分! 女性は“歩行”をうまくダイエットに活かしていない!?

まず、本格的な運動をせずに手軽にダイエットをしたいならば、積極的に取り入れたいのが買い物中や通勤中に無理なくできる“歩く”こと。

ドコモ・ヘルスケア株式会社が20代~70代の男女103,720人に行った調査「“からだデータ”白書2017」によると、女性の1日平均歩数は6,798歩だったそう。ちなみに男性の1日の平均歩数は7,860歩。そこには約1,000歩もの差が!

そして、次のデータでは男女でもっと大きな開きがありました。

なんと、1日の平均“早歩き”歩数では、女性は男性の約半分!

歩行歩数における早歩きの割合は、男性が約23%、女性は約17%。女性は男性に比べて歩数そのものも少なければ、早歩き率も低いことがわかりました。

せっかく手軽に取り入れられるはずの“歩く”というダイエット手段を、女性はうまく使えていないのでしょうか?

 

歩行などの活動で女性が1日に消費するカロリーは、たったの“チョコレート3粒分”!?

では、女性は歩行などの活動時に、1日あたり平均でどれぐらいのカロリーを消費しているのか見てみましょう。

同調査によると、それは75.0 kcal。これは“ラジオ体操(1回約22kcalとして算出)×約3.5回分”なのだそうですが……、「少ない!」と感じる人も多いはず。

75.0kcalと言えば、種類にもよりますが市販のシンプルなチョコレートを3粒ほど食べれば到達してしまうカロリー量。歩行などの活動で、たったそれだけしか消費していないなんて……ちょっとショックですよね。

ここで興味深いデータをご紹介しましょう。

これは、先ほどの平均消費カロリーを曜日別にしたもの(男女混合)ですが、このデータでは水曜日が最もカロリーを消費している曜日であることが判明! 同じぐらい数値が高いのが金曜日、その他のウィークデーも概ね高い数字です。

ところが、土日になるとガクッと消費カロリーが落ちていることから、週末は歩行などの消費活動を平日よりしない傾向にあることがわかります。休日が土日ではない人ももちろんいるはずですが、これだけ差が出るということは週末が休日である人が多く、仕事をしている日よりも動くことが少ないため消費カロリーが減っていると考えられます。

つまり現代人は平均的に、仕事をしている日は痩せやすく、逆に休日はおデブ注意な日である……かもしれないのです。

今後は、仕事が休みの日に“歩く”ことを意識してみると、全体的にさらなるカロリー消費が目指せるかもしれませんね。

ただ同調査の結果でひとつ気になるのが、春先から秋にかけて消費カロリー量が減っていく傾向にあるということ。もしかすると夏の暑さから、出歩いたり運動したりする機会が減ることが原因なのかも!? 春~秋に入るまでは歩行が減る傾向にあることを頭に入れておくだけで、なるべく歩くように意識できるかもしれませんね。

 

以上、女性の歩行・消費カロリーの傾向についてでしたが、いかがでしょうか?

運動をせずに痩せたい人は、参考にしてみてくださいね。

 

【参考】

みんなのからだデータ白書2017 1:歩数編 – ドコモ・ヘルスケア株式会社

みんなのからだデータ白書2017 2:消費カロリー編 – ドコモ・ヘルスケア株式会社