口元がカギ! 男性500名が「この子、品がいいな」と思う女性の特徴

by

恋愛・結婚

コミュニケーション, 恋愛, 好感度, モテ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

もう特定のパートナーがいる人もそうでない人も、異性からどんな印象を持たれているのか気になってしまう瞬間はありませんか?

もちろん人目を気にしすぎる必要はありませんが、「できるだけ上品だと思われたい」と品のある振る舞いを心がけている女性も多いでしょう。

男性側も、女性の振る舞いを見て内心「うっ、下品だな」と思うことがあっても、嫌われたり怒られたりするのを避けて面と向かって指摘する人は少数派のはず。そのため、余計にどう思われているのか気になるかもしれませんね。

そこで今回は、『BizLady』が男性500名を対象に実施したアンケート調査を参考に、男性から「この子、品が良いな」と思われるポイントをご紹介します。

 

話し方で判断している男性多数! 丁寧な言葉遣いと落ち着いた話し方がカギ

際立って多かったのが、「話し方が重要だ」という意見。多くの男性が、挨拶や言葉づかいの綺麗さ、聞き取りやすい発音などを挙げていました。

「挨拶がしっかりしている」(48歳/総務・人事・事務)

「言葉遣いがきちんとしている」(32歳/研究・開発)

「言葉遣いのTPOができている」(48歳/公務員)

「滑舌良く話せる」(50歳/コンピュータ関連技術職)

「返事がハキハキしている」(48歳/研究・開発)

また、話すスピードはゆっくりめのほうが好まれるよう。ハッキリと発音しつつも、早口になりすぎないようにしましょう。

多くの人に好印象を持ってもらうためには、常に丁寧で礼儀正しい話し方を心がけるとよさそうです。

 

食事のマナーももちろん大切。相手に不快感を与えないキレイな食べ方を

“一緒に食事をするとその人がよくわかる”とよく言われますよね。

「ご飯を食べるときに手を合わせる」(47歳/コンピュータ関連技術職)

「言葉遣いが丁寧。食べ方が綺麗」(30歳/その他)

「箸をきちんと持てる」(44歳/デザイン関係)

「音を立てずに食べる」(41歳/その他)

「魚をきれいに食べられる」(49歳/会社経営・役員)

男性と食事する際には、「いただきます」や「ごちそうさま」が言えるか、お箸を綺麗に使えているか、音を立てずに静かに食べられるか、好き嫌いせずに食べているかどうか……など色々とチェックされている可能性大ですよ。

 

上品に見える外見のカギは“口元”

では、食事や会話をしなくても、会った瞬間にパッと見て「あっ、品が良さそうだな」と思われる外見はどんな感じなのでしょうか?

「姿勢がキレイ」(29歳/その他)

「背筋がのびている」(34歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「黒髪」(47歳/その他)

「座り方や歩き方が綺麗」(27歳/その他)

「笑顔が素敵」(41歳/出版・マスコミ関係)

姿勢がよく、派手すぎない外見で、笑顔が素敵な女性は品が良く見えるようです。

注目すべきは、口元の特徴に言及している回答が複数あったこと。

「歯並びが綺麗で笑顔が素敵」(45歳/その他)

「おちょぼ口」(37歳/総務・人事・事務)

前述の会話や食事もそうですが、やはり“口”がキーワードなのかもしれません。口の大きさは持って生まれたものなので変えることはできませんから、口角を上げるように心がけたり、オーラルケアをきちんとしたりすると良いかもしれませんね。

また、“品の良い女性”として特定の芸能人の名前を挙げている人もいました。

「菊川怜」(43歳/コンピュータ関連以外の技術職)

「浅田真央」(31歳/営業・販売)

東大卒の才媛タレントにトップアスリート。2人とも華やかな印象を持ちつつも清潔感と落ち着きがあり、ストイックで自分に厳しそうなところが共通していますね。育ちがよく上品に見せたいときは、落ち着いていて清楚な感じだけでなく、どこかキリッとしたムードを目指すと良いかもしれません。

 

以上、男性500名に聞いた“品が良さそうに見える女性の特徴”でしたが、いかがでしょうか? 品よく見られたい女性は、“口元”を意識しながら生活してみましょう。

 

 

【画像】

※ xiangtao / PIXTA(ピクスタ)

ピックアップ記事一覧