プロポーズ無しの「自然成り行き婚」は4組に1組!? 今どき結婚事情

by

恋愛・結婚

婚活, トレンド, 夫婦, 結婚

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

<結婚しなくても幸せになれるこの時代に、私は、あなたと結婚したいのです。>

結婚情報誌『ゼクシィ』(リクルートマーケティングパートナーズ)のテレビCMで、出演者がこんなセリフを言う現代。結婚に対する考えや価値観は、本当に変わってきていますよね。

例えば、“結婚を焦ったり、恋人にプロポーズを迫るのは女性”というイメージや、“プロポーズをする側=男性”、という固定概念。これらが“多くの人に共通するもの”という考えは、もう現代にそぐわなくなっていると言っていいのではないでしょうか。

では、現代の夫婦たちのプロポーズ事情はどうなっているのでしょうか?

ある調査では、なんと4組に1組はプロポーズ無しの“自然な成り行き婚”かもしれないと判明。その実態とは……?

 

プロポーズ経験なしの既婚男女が、それぞれ2割前後いるという事実

全国14ヶ所に結婚式場を展開するアニヴェルセルが全国23歳~39歳の既婚男女680名に行った“プロポーズ体験のアンケート調査”で、男女それぞれに「あなたは、これまでにプロポーズを何回したことがありますか」とプロポーズの回数を聞いたところ、男性の回答結果は以下の通りでした。

・1回・・・74.4%

・0回・・・20.2%

・2回・・・2.9%

既婚者を対象にしたアンケートにもかかわらず、0回と回答した人が2割以上いるという事実が発覚!

では次に、まだ一般的にプロポーズされることが多い女性側に聞いた「あなたは、これまでにプロポーズを何回されたことがありますか」の回答を見てみましょう。

・1回・・・53.0%

・0回・・・27.4%

・2回・・・10.9%

女性では3割弱が、プロポーズされた経験がないと回答。することが多い男性とされることが多い女性で多少の差が出ましたが、男女で平均すると2割強のカップルがプロポーズなしで結婚しているのかもしれません。

 

プロポーズをした経験のある女性は約7%!

プロポーズする側が男性、される側が女性のデータをご紹介しましたが、もちろん女性からプロポーズしているケースもあるはず。

女性に聞いた「プロポーズをした回数」の回答結果は……

・0回・・・92.4%

・1回・・・5.4%

・2回・・・1.4%

となりました。女性でプロポーズをしたことがある人は合計6.8%ということに。

では、男性側の「プロポーズされた回数」は?

・0回・・・90.1%

・1回・・・5.4%

・2回・・・1.9%

プロポーズされた経験アリの男性が7.3%になり、女性側の割合に近い結果となりました。まだ少数ではありますが、もしかすると女性から求婚するパターンは昔よりも増えてきているのかも!?

 

プロポーズ無しの“自然な成り行き婚”は、2人の会話から!?

そして、上記の結果から見逃せないのは、“プロポーズした経験のない既婚男性”と“プロポーズされた経験のない既婚女性”が2~3割いるという事実。女性からプロポーズした可能性を差し引いても、プロポーズ無しで結婚した夫婦が一定数いることになります。

では彼らは、いったいどのように結婚に至ったのでしょうか。

同調査では、女性だけに「彼にプロポーズされる為(仕向ける為)に、何をしましたか。あてはまるものを全てお答えください(複数選択可)」という質問もしています。その結果、2位以下を20%近く引き離した断トツ回答はこちらでした。

・将来について話す・・・32.0%

自然と結婚に向き合う雰囲気になっている2人なら、「結婚したら……」「住む家は……」という会話は、自然と出てきたりするもの。いつの間にか“結婚ありき”の2人になっていたために、改まったプロポーズの機会を逃してしまった、というカップルも少なくないのでしょう。

“プロポーズなし婚”をした女性の中には「プロポーズしてほしかった」と思っている人もいそうですが、逆にお互いが自然に「この人だ」と思えていたなんて幸せなことですよね。

 

以上、既婚男女のプロポーズの実態と“自然な成り行き婚”についてでしたが、いかがでしょうか?

ちなみに、先述の「彼にプロポーズされる為(仕向ける為)にしたこと」についての質問では、「結婚情報誌をちらつかせる」(7.0%)、「お弁当などを作り、料理をアピールする」(3.3%)など、以前から“プロポーズを促す常套手段”と言われているやり方を挙げた人はごく少数でした。

現代の夫婦たちのプロポーズ事情は、やはり変化しつつあるのかもしれませんね。

 

【参考】

プロポーズ体験のアンケート調査 – アニヴェルセル