体の負担1位は腰! ママ泣かせ「富士山級に大変な子育ての動作」は…

by

妊娠・育児

子ども, 子育て, , 育児, 家庭

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

可愛い我が子との日々は幸せだけれど、毎日の子育てはやっぱり大変! 子どもを育てる前まではしたことがなかった動作による体への負担は、思っている以上に大きいものかもしれません。

では、小さな子どものお世話は、ママにどれだけの負担をかけているのでしょうか。

専門家によると、それはなんと“富士山級”の大変さとも言えるようで……!?

 

91%が「(ママになって)体全体に負担を感じることが増えた」……中でも辛い部位は?

ママになると子育ての大変さで体への負担が大きくなる……そんな現実がわかりやすく表れている、あるデータがあります。

パナソニックが3歳までの長子がいるママ500名に行ったアンケート「“育児と体への負担”についての調査」では、「ママになってからの生活や体の変化は?」と質問。

すると、ママになって「前かがみの姿勢が増えた」「重いものを持つことが増えた」に当てはまると答えた人がそれぞれ89%と、圧倒的多数だったそう。さらに、「部位を問わず体全体に負担を感じることが増えた」と答えた人は91%と、9割を超える結果になりました。

そして、より負担を感じる体の部位を具体的に挙げてもらったところ、「腰」(89%)、「肩」(88%)、「背中」(76%)という順番に。

ママたちは「腰」に最も辛さを感じているようです。

 

ママたちが最も負担を感じる動作“抱っこ”は、なんと“富士山級”の負担!

では、その腰の辛さの原因は何でしょうか。ママたちに、「最も負担を感じる動作」を選んでもらったところ、やはり最も多かったのは「子どもを抱っこすること」(57%)。

この“子どもを抱っこ”が一体どれだけ大変なのか、同調査結果では以下の専門家の試算を紹介しています。

<「1日あたり20分間抱っこしながら、赤ちゃんの体を2秒に1回10cm上下させながらあやす(持ち上げて受け止める)」場合(中略)単純に累積すると、1日分で子どもを120m持ち上げる仕事量と同じになります。さらに、1か月続けると「富士山頂まで持ち上げる」仕事量と同程度となります。>

なんと、1か月の抱っこは富士山級の大仕事! 累積とはいえ、子育てがいかに大変かがわかりますよね。

 

90%のママが「夫より自分に負担が多くかかっている」……75%は「きっと夫には理解してもらえない」!?

しかし、子育ては夫婦2人で協力してするもの。その辛さを夫と分担すれば……と思っても、「育児での体の負担は、配偶者より多くかかっていると思う」と感じているママは90%という現実が……。さらに75%の人が「体の負担を配偶者に完璧に理解してもらうのは難しい」と、半ば諦めの境地に至っていることも判明しました。

体の負担を感じていても、我が子のためにひとり頑張って背負い込んでいるママが多いのかもしれません。

それならばせめて夫に、体を思いやってほしいもの。ですが、ママたちが一番負担だと答えた腰のケアについて「“腰への負担”を感じたときの具体的な対策は?(過去に“腰への負担”を感じた人・複数回答)」と聞くと、トップ回答が「自分でマッサージする」(43%)だったのは看過できないところ。

2位の「他人にマッサージをしてもらう」(35%)に夫も含まれているのかもしれませんが、自己ケアが最多とは……ママたちの大変さが伝わってくるようです。

 

以上、ママが感じている“子育ての体の負担”についてでしたが、いかがでしょうか?

ママに子育ての負担がかかりがちな現実があったとしても、せめて体の負担については夫に理解して欲しいもの。まずは子育ての大変さを夫にわかってもらうことが、ママの負担を軽減する第一歩かもしれませんね。

 

【参考】

「育児と体への負担」についての調査 – パナソニック