カン違いしてない? 働く女性に最適な「日焼け止めの選び方」おさらい

by

美容・健康

スキンケア, コツ, 生活

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

日焼け止めが必要不可欠なシーズン真っただ中ですね。紫外線は1年中降り注いでいるものの、日差しが強くなる春夏はとくに日焼けが気になるという女性も多いでしょう。外回りの仕事をしている女性ならば、なおさら。

日焼け止めが手放せない毎日ですが、あなたはいつも使っている日焼け止めが自分に合った製品である自信はありますか? SPFやPAについて、正しい知識を持っていますか?

今回は、時短美容家として活動する筆者が、働く女性が“自分に合う日焼け止めを選ぶコツ”をご紹介します。

 

SPFのおさらいと選び方

日焼け止め製品に必ず記載されている“SPF値”。

改めておさらいすると、SPFとは“サン・プロテクション・ファクター”の頭文字をとった言葉で、主にシミやソバカスなどの原因になりやすい有害な紫外線B波(UV-B)を防御してくれる指数です。

SPFの値が大きくなるほど防御効果が高いと思っている人も少なくないようですが、じつは“日差しの強さに対する直接の防御の値”ではありません。“SPFが高い=塗った瞬間に紫外線から守ってくれるパワーが大きい”のではなく、正しくは有害紫外線から肌を守ってくれる“時間”の目安です。

たとえば、SPF35の日焼け止めを使っているならば、何も塗らない状態よりも35倍の時間、日焼けするのを遅らせてくれていると考えると、わかりやすいのではないでしょうか。

SPFの値が高いものを選ぶほど、日焼けから長時間守ってくれる効果が期待できるのです。

そのため、外回りなど外出が多い仕事ならば、SPFが高めの日焼け止めを選んだほうが安心ですが、デスクワークが中心で、お日様にあたるのは朝の通勤時のみ……という場合は、SPF値の低い日焼け止めを出勤前に塗るだけでも、十分に予防できることもあるのです。

ちなみに、SPFの値が高くなるほど、お肌への負担も大きくなると言われているので、必要な分のSPF値の日焼け止めを場面に応じて使い分けることが、お肌を守ることに繋がります。

 

PA値のおさらいと選び方

続いて、同じく日焼け止め製品を見ると必ず書いてある値に“PA値”があります。

PAとは、“プロテクション・グレイドオブ・UV-A”の略で、シワやたるみなどを引き起こす有害紫外線A波(UV-A)から肌を守る働きがあります。

“+”の記号を1つから最大4つまで並べ、強いものだと“PA++++”、弱いものだと“PA+”と表記されています。自分の生活に適したものを選ぶ目安としては、“+”がひとつでも日常生活には“効果がある”レベルに達しており、“PA++++”になると“極めて高い効果がある”の目安。

そのため、日中屋外にいるのと屋内にいるのとでは必要なPA値が異なり、屋内で仕事をしている女性であれば、“PA+”だけで十分なことも。

こちらもSPF値と同じく、値が強くなるほどお肌への負担が大きくなる製品が主流なため、必要に応じて使い分けるのがお肌への負担減に繋がります。

 

働く女性が生活スタイルに合った日焼け止めを選ぶ目安

つまり、SPFやPAは値が高いものを使っていればいいという類の基準ではありません。よって、下記のような目安も参考に、ご自身の生活スタイルやその日の仕事のパターンに合わせた日焼け止めを選ぶと良いでしょう。

(1)外回りが多い女性・・・SPF50程度、PA++

(2)内勤の女性・・・通勤時にSPF20~35、PAは++くらいまでで十分

(3)炎天下で仕事をする女性・・・SPF50、PA++++

お肌への負担も考えつつ、最適な日焼け止めを見つけてみてくださいね。

 

以上、働く女性に適した日焼け止めの選び方でしたが、いかがでしょうか?

日焼け止めは1度に厚く塗るよりも、こまめに複数回塗り足したほうがよいとも言われています。屋外に長時間いる日は日焼け止めを持参して、SPF値を目安に適度な時間で塗り直すように心がけましょう。