8割が「スマホ老眼」予備軍!? 眼外科医に聞いた目をいたわる方法

by

美容・健康

スマホ, パソコン, 健康

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

「スマホがなくては生きていられない!」という声が聞こえてきそうなほど、スマホを片時も手放せないという方も少なくないでしょう。

ファンケルがスマートフォンを使用する20〜40代男女500名を対象に行った「現代人のスマホとの付き合い方に関する意識と実態」調査によると、朝から晩までスマホを長時間使用している人がかなり多いことがわかりました。

そして、それにより私たちの体に様々な影響が出ているようなのです……!

 

“目の疲れ”……感じていませんか?

調査では、「スマホを見ていて、目の不調を感じたことはありますか?」との問いに対し、83%が「ある」と回答しました。

具体的な不調を聞くと、

・「目がしょぼしょぼして疲れがたまっているような気がする」(37歳・男性)

・「時間がある時はついスマホを見ているので、常に目が疲れている」(22歳・女性)

などの声があがり、やはり何らか体への影響があるということがわかります。

調査結果では、スマホやPCの画面を長時間見続けることで、一時的に目の焦点が合いづらくなったり目がかすんだりする現象、つまり“スマホ老眼”といわれる現象にかかっている可能性もあると指摘しています。

“老眼”というと、まだまだ先のこと、自分はまだ若いから大丈夫と思いがちですが、現代人の生活を考えると、遠い先のことと安心できないかもしれません。

 

寝る前スマホは6割以上! なくてはならない存在に

では、現代人はスマホとどのように付き合っているのでしょうか? 出かける際に「スマホを家に忘れたことに気づき、用事に遅れるにも関わらず取りに戻ったことがある」と回答した人は、なんと4人に1人。

寝る前に布団に入ってからスマホを見るのが日課と答えた人も63%と、6割以上となりました。

さらに「あなたにとって“スマホ”はどんな存在だと思いますか?」と聞くと、一番多かった答えが「自分の大好きなこと、趣味が詰まった宝箱」の43%となり、単なる情報通信機器の枠を超えて“スマホ第一主義”とも取れる結果となりました。

さらに、実際にスマホを断ち切る“断スマホ”を経験したことがある人に、どこまで実行できたかを聞くと、「丸1日まで」が76%で約8割となりました。また、断スマホを経験したことがない人に、断スマホを耐えられそうな時間を想像してもらうと、「半日まで」が58%で約6割となり、消極的な回答が目立ちました。

すでにスマホは、私たちの生活に欠かせない必須アイテムになっていることがよく分かりますね。

 

気をつけてる? 眼外科医が提唱する“目をいたわるケア”

これだけ生活に浸透しているスマホ。目の疲れをとることも大切になってきそうです。しかし、実際に自分でできるケアとしては、じつは「眼を閉じて休めること以上のものはない」と、医療法人社団あいけい会理事長で眼外科医の大高功さんは話します。

「マッサージや眼をあたためることの効果はじつは限定的で、体が疲れたら寝ることが一番なのと同様、眼を休めてほしい」とのこと。

また、“眼の健康”の視点で見た、スマホやPCとの上手なおつきあいの方法は、「ピントを近くに固定するのがよくないので、ちょくちょく遠くを見ること。光は目に良くないので、できるだけ暗くすること。可能ならばPC用眼鏡、またはサングラスをかけることです」と話す一方で、

「PCが本格的に普及してきてから、眼精疲労に悩む人が確実に増えました。中には激しい眼精疲労を抱えても仕事をやり続けるしかなく、しまいにうつ病のような精神病になってしまう人もいました。

そんな人が一時期よりは減った感じがするのは、PC作業が眼に及ぼす影響が理解されてきているからだと思います」と教えていただきました。

なくてはならないツールだからこそ、上手な付き合い方を理解したいという前向きな考えに変わりつつあるのかもしれませんね。

 

以上、現代人のスマホとの付き合い方でしたが、いかがでしょうか?

今この記事をスマホで読んでいるみなさん、疲れを感じたら目を休ませることを忘れずに、スマホとの“いいお付き合い”をしてくださいね!

 

【取材協力】
※ 大高功・・・慶應義塾大学医学部卒。日本眼科学会認定眼科専門医。横浜相鉄ビル眼科医院院長、西伊豆眼科クリニック院長。医療法人社団あいけい会理事長。患者さんは家族と考え、自分が受けたいと思う治療方針を提案しつつ、最終的には患者さんの希望を最優先するようにしている。医療過疎地で困っている患者さんのために僻地医療も行っている。

 

【参考】

「現代人のスマホとの付き合い方に関する意識と実態」の調査 – ファンケル