時は金なり! 「通勤時間は自分タイム」ワーママの時間確保テクニック

by

妊娠・育児

通勤, 仕事, 子育て

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

子どもを保育園に預けて仕事復帰をしているママ達。毎日、家事に育児に仕事に……本当にお疲れさまです。子育てをしながら自分の時間を確保することがいかに難しいか、痛感しているママも少なくないでしょう。

筆者も2歳の双子を保育園に預けて仕事に復帰しましたが、毎日が本当にあっという間に過ぎていき、時間の使い方を工夫しなくては自分のことなど全くできない状態です。

そこで今回は、いかに時間を作って毎日を快適に過ごすか、ワーママの時間管理について見ていきたいと思います。

 

朝の忙しい時間は、1分1秒が勝負!

とにかく1日の中でも朝が一番忙しいですよね。出産前も朝は忙しかったのですが、そこに「子どもの準備と園への送り」という大仕事が2つも入るわけですから、てんてこ舞い間違いなしです。

そうなると必然的にママが一番早く起きるという家庭も多いでしょうが、起きたらまず済ませてしまいたいのが、自分の身支度です。子どもが起きてからでは、あれこれ中断されて、「間に合わない!」なんて事態も。自分の用意はささっと済ませ、子どもが起きたら、子どものことを中心にやっていきましょう。

また、どうしても時間をとられがちな朝食も、さっと用意を済ませられるよう、前の晩に取り分けておいたり、子ども用に小さく切ったりなど、下準備をしておくと気持ちに余裕を持てます。便利な調理器や食洗機などの文明の利器はフル活用し、とにかく自分の手をなるべく煩わせないようにしておきましょう。

 

 子どもを預けたら“働く女性モード”……通勤電車は自分の時間!

子どもを産んで仕事復帰した後に、通勤時間は自分だけの時間だと実感していませんか?

『BizLay』の過去記事「あぁ時間が…足りない!復職ママを襲う“新型女性ストレス”の正体」でも、以前は朝の満員電車はただのストレスだったのに、子どもを保育園に預けたことで感じる開放感なのか、朝の通勤時間は“自分の時間”だと感じている人が多いことがわかっています。

そこで通勤時間を有効に使うために、電車やバスの中でできることをピックアップしてみました。

・本を読む

・スマートフォンや携帯のインターネットで調べ物をする

・新聞やニュースを読む

・映画やドラマを見る

・仕事や家事のやるべきこと(ToDoリスト)の整理

・SNSなどをチェックする

・資格の勉強をする

こうしてできることを挙げてみると、単なる通勤時間が貴重な時間に思えてきますよね。1日中さまざまなことに追われて「何もしたくない!」という人は、ぼーっとするのも大切な時間の過ごし方。行きはボーッとして、帰りは何か目的を持って過ごしてもよさそうですね。

 

帰宅後は、夕飯・お風呂・リラックス……でようやく大人時間に

仕事を終えて子どもを保育園にお迎えに行って一緒に帰宅したら、今度はまたまた家事タイム。大急ぎで夕飯の支度をして食べさせ、子どもとの時間を過ごす。

子どもをできるだけ早くお風呂に入れて寝かしたいと思いつつ、1日ママと離れ離れで保育園で頑張っている子どものために、少しでも一緒に過ごす時間を作ってあげたいところ。子どもも安心してぐっすり眠ってくれる上、ちょっとした変化に気づけることもあります。日中離れていた分の愛情をたっぷり注ぎたいですよね。

そして、子どもの就寝後は至福の大人時間。ご褒美スイーツを食べるも良し、お酒も良し、テレビを見るも良し、思う存分好きなことができる時間です。でも、あれこれしているとあっという間に時間は過ぎていくもの。

この大人時間も無駄な使い方をしないように、前もって今日は何をするか決めておくと良さそうですね!

 

以上、ワーママの時間管理についてでしたが、いかがでしょうか?

子育てと仕事、どちらも大切だから一生懸命やりたいもの。時間の使い方を模索しながら、毎日イキイキと過ごしたいものですね!