時短じゃなくて最短! 寝坊した朝に「マッハで身支度を整える」5つの工夫

by

美容・健康

メイク, 時短,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

忙しい朝、とくに寝坊してしまった日には少しでも時短で身支度を整えたいもの。

「起きたらこんな時間! 身支度する時間がないよ~」なんていう朝は、とりあえず人前に出られるだけの体裁を整えて出るしかありません。

そこで今回は時短美容家の筆者が、寝坊した朝に“時短どころか最短で身支度を整える5つの工夫”をお伝えします。

 

工夫1:ファンデーションよりも眉毛を優先

寝坊した日には、ファンデーションを悠長に塗っている時間はナシ!

しかし、スッピンを世間に晒したくない女性ほど「まずはファンデを塗らなくては……」と思いがち。でもじつは、ファンデーションを塗る時間があるならば、まずは眉を整えたほうが早く人前に出られる顔になれるのです。

肌が整っていても、眉毛がボサボサだとだらしない印象になりますが、肌がスッピンでも眉毛がしっかり整っていると、きちんと身支度をした印象になりやすいのです。

 

工夫2:コンシーラーよりもチークを優先

メイクでコンプレックスをカバーしている女性にとって、コンシーラーは不可欠なアイテムでしょう。しかし、寝坊した朝にコンシーラーを丁寧に塗っている時間はありません。ファンデーションを塗らずにコンシーラーを馴染ませるには、それなりに手間と時間もかかりますよね。

そこで思い切ってコンシーラーは使わずに、チークで血色を足して肌全体を健康的に仕上げてゴマかしてしまいましょう。頬だけでなく、おでこと髪の生え際のキワ、顎の先にも少しチークをのせて血色を足せば、全体的に顔色が華やかに。

クマやくすみを丁寧にコンシーラーで隠す時間がない日には、コンシーラーを飛ばし、チークで肌全体の印象アップに努めたほうが時短になるのです。

 

工夫3:アイシャドウよりアイラインを優先

いつもメイクでアイシャドウを使う女性は、寝坊した日もアイシャドウに手が伸びてしまいがちでは?

しかしアイシャドウを塗る時間があるなら、アイライナーを使ってしっかりラインを描いたほうがキチンと感を出せます。寝坊した朝にありがちな腫れぼったい目をカバーするにも、しっかりめのアイラインは有効です。

 

工夫4:口紅よりも色付きリップクリームを優先

とにかく顔を“シャン”と見せなきゃというときには、ついつい口紅に手が伸びがち。

しかし、口紅をしっかりキレイに塗るにはそれなりに時間を要するので、パパッと最短で仕上げるなら、ライナーで輪郭をとる手間のないリップクリームがベスト。無色だと物足りないなら、色付きのリップクリームを使ってパパッと血色をプラスしておきましょう。

色つきのリップクリームなら、鏡を見ながら丁寧に塗る手間も省けますね。

 

工夫5:ドライヤー、ヘアアイロンよりまとめ髪に

身支度の過程で欠かせないドライヤー。しかし、寝坊している日にドライヤーやヘアアイロンを使うのは手間な上に時間がかかりますよね。

そんなときは、思い切ってブラシで髪をとかすだけにして、潔くまとめ髪に。くせ毛で「ヘアアイロンを使わないと前髪が~」という場合は、ここも潔く前髪をオールバックにしてまとめてしまいましょう!

くせ毛の筆者も、極端に身支度の時間がないときには思い切って前髪ごとオールバックにして、まとめ髪にしています。

 

以上、寝坊した朝に“最短で身支度を整えるポイント5つ”でしたが、いかがでしょうか?

寝坊した朝は、とにかく時間との勝負。小さな工夫を積み重ね、省略できるものはとことん省略して、最小の手間で人前に出られる姿に整えましょう!