自立型にペン型…最新「アイデアふせん」で仕事もサクサク!?

by

仕事

コミュニケーション, 筆記用具, オフィスグッズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

ペランとめくって、ペタリとはりつける。仕事でもプライベートでも、ふせんを使う機会はけっこうありますよね。大きさも柄もバラエティ豊かな付箋があることは知っていましたが、 最新のふせんは、ますます進化していたんです!

今回は、ほかにない機能性・利便性を持ったふせん製品を次々と生み出している文具メーカー『カンミ堂』の展示会で、気になるふせんをチェックしてきました。

 

見落とし防止! ふせんが立つなんて斬新

展示会のメインは新製品の『タテトコ』。「1枚でしっかり自立する、新構造のふせんです」 と紹介してくれたのは広報の庄司さん。なるほど、展示会会場のあっちにもこっちにも立ってる!  でも、ふせんって立っている意味あるのかな……と一瞬思ったのですが、

・目立つ(上司が、ふせんを貼った私の書類の上に本を置いたりしなくなるはず)

・なくなりにくい(そのへんの紙切れに書いた私のメモはすぐなくなる)

と、地味にイイこと満載かも!  『タテトコ』は紙のメモ面+PET フィルムによる自立構造(特許出願中)で、デスクにしっかりついて離れません。指で押しても風がふいても、立ち上がってきます。

こちらの商品は7月20日に発売されたばかり。方眼罫(税抜き420円)と TODO (税抜き440円)の全2種・各3色展開です。イラストレーター・Noritakeさんのパッケージイラストが目印ですよ。

 

ふせんでインデックス!?  こんな使い方も……

ところでふせんって、引き出しの中で行方不明になったりして、使いたいときに手元になかったりしませんか? そんな方におすすめなのが、ペン型ふせんの『ペントネ』。

ロール状のミシン目入りのふせん(フィルムタイプ)が縦に3つ入っています。1枚分引き出してもいいし、2枚分以上の大きいふせんとしても使えます。ペン立てに入れておけばなくなりにくいですよね。


「私はときどきこれをインデックスとして使っています」とは前出の庄司さん。 おもむろに4枚分のふせんを引き出してミシン目で切り取ると、半分で折り曲げてペタリ。おみごと! この汎用性の高さはデキる女性の味方になってくれそうです。

 

文具が変われば仕事も変わる(かも)! 気になった方は試してみてくださいね。