ネットカジノでストレス発散

家事の合間にストレス発散!話題のオンラインギャンブル!?

主婦のみなさん。 きちんと息抜きはできていますか? 主婦をやっていると「家事」「育児」といろいろストレスが溜まりますよね。 家計のやりくりにも頭を悩まされます。 あるサイトのアンケートによると、主婦がストレスを感じる原因として1番目に「旦那さん」を挙げています。 「飲み会で遅くに帰宅し、仕事で疲れてるからと休みは寝てばかり」 「旦那が家事を手伝ってくれない」 などです。 確かに旦那さんの協力があれば助かるのですが、「家事は女性がするもの」という考えもまだ根強いのではないでしょうか。 主婦はコミュニティーが狭く、孤独な場合が多いです。 いろいろ悩みがあっても、1人で抱えてしまいがちですよね。 そんな、心身ともにお疲れの主婦におすすめなのが「オンラインカジノ」です。 「運動する」「カラオケに行く」「買い物に行く」など、息抜き方法はいろいろあると思います。 しかし、小さいお子さんがいると、なかなか自分だけの時間を作るのは難しいですよね。 「オンラインギャンブル」ならスマホやタブレットがあれば、リアルカジノさながらのギャンブルゲームを、自宅にいながらプレイできるのです。 これなら、お子さんがいても自宅で気軽に息抜きができますよね。 お昼寝している時間や、夜寝かしつけた後にさくさくっと遊べます。 しかも、ギャンブルになりますので、ゲームに勝てばお小遣いを稼ぐこともできちゃうんです。 日本で一般的なギャンブル「パチンコ」「スロット」と比較して、オンラインカジノの配当比率は大きくなっています。 よって、勝負に勝った際の配当金も多めになっているのです。 うまくいけば一攫千金も夢ではありません。 もちろん大きな賭けに出なくても、100円以内の少額から安全に遊ぶこともできます。 「興味はあるけど、日本でカジノは違法じゃないの?」と心配される方もいらっしゃるでしょう。 しかし、そこはご安心ください。 オンラインカジノはカジノが合法となっている国で、きちんとライセンスを得た上で運営されています。 信頼できるサイトであれば、日本でネットカジノを遊んでも違法にはならないのです。 日頃ストレスの溜まっている奥様方。 ぜひ、息抜きにオンラインカジノを始めてみてはいかがでしょうか?

彼氏に内緒でオンラインギャンブルを体験してみた!あなたの夫なら許す?

ネットで「彼女 ギャンブル」などと検索してみると、「彼女【の】ギャンブルを許すかどうか」という記事よりも、「彼女【が】ギャンブルを許すかどうか」というブログなどばかり出てくることが分かると思います。それだけ、ギャンブル人口の男性比率は高いということですね。 ですが、実際にはパチンコ店などに行くと、女性客も結構いることが分かりますし、最近ブームになってきているオンライン カジノにも女性プレイヤーが実は少なくありません。 さて、ではもし貴女が「内緒で」ネットギャンブルをプレイしていたとしたら、彼氏・旦那さんは許してくれるでしょうか。 まず、とりあえず「内緒」という部分に怒る男性が多いでしょう。他の趣味ならまだしも、インターネットカジノの場合はお金がかかりますよね。「勝てばカジノで稼ぐこともできるのよ!」といくらバレてから説明しても、「じゃあなんで最初から言わないんだよ!」という話になってしまうので、夫・彼氏に許してもらえない可能性が高いと思います。 では、「私、オンラインCasinoがやりたいんだけど」と、最初から夫・彼氏に説明したとしたらどうでしょうか。これも正直厳しいですよね。いくら、ネットギャンブルに違法性がないとはいえ「いや、カジノって犯罪だろ?」と誤解されるかもしれませんし、そうでなくても「負けたらお金が減るだろう?」と言われて、許してもらえない可能性が高いはず。 でもネットカジノがやりたい……。ではどうすれば良いのでしょうか。 そういう女性は、オンラインルーレットやオンラインスロットを無料で体験できるサイトを探して、夫・彼氏のいるところでプレイしてみましょう。特におすすめなのはより映像が凝っているカジノゲームです。それをプレイすれば「あ、ネットカジノって結構面白いじゃん!」と夫・彼氏が思ってくれて、ネットギャンブルをすることを許してくれるかもしれませんね。あとは、プレイしつつ「実際のネットカジノも、そんなにお金使わなくても遊べるんだよ~」などとさりげなくアピールしておくことをおすすめします。 それから、これって本当に奥の手だと思いますが「オンラインギャンブルで稼いでから、カジノをしているとバラす」という方法もあります。ベラジョンカジノなどの初回登録時にもらえるフリーカジノボーナスを活用すれば成功する可能性もそれほど低くはありません。ただし、失敗して負けが込んでから「実はオンラインカジノをやってて……」なんて言ったら絶対に許してもらえなくなるでしょうから気を付けてくださいね。

一瞬で場が凍る…上司との宴席で「絶対やってはいけない」4つのこと

上司や取引先からの誘いはありがたくもあるが、それはそれでなかなか気を使うもの。肩に力が入り、苦痛な時間を過ごすことになりかねない。しかし最低限のマナーさえ守れば、リラックスできて自分の良い部分が出せ、さらに気に入ってもらえる可能性もある。 では、そのような飲みの場で守るべき最低限のマナーとはなんだろうか? 今回は、『社長が落ちる接待力』の著者で、お笑い芸人のカラテカ・入江慎也氏に、“上司との飲みの席で絶対やってはいけないこと”を伺った。 ■1:携帯電話を見る 「相手の話をしっかりと聞かなければいけない場で、携帯電話に気を取られるようなことがあってはいけません。 通話はもちろん、メールのやり取りもダメ。画面を見るという行為は、時間を意識しているようにも捉えられかねません。接待中は、携帯電話はカバンの中に」 ■2:お酒を「薄めで」と注文 「お酒が強くないという女性は多いです。上司の前で、酔ってはいけないという意識も働きます。それでもお酒を注文する際に、“薄めで”と言ってはいけません。それは、薄めにしても値段が変わらないからです。 目上の人と飲みに行けば、支払いはほぼ向こう。“こっちがお金を払っているのに勝手に薄められても……”と思われてしまうことはマイナスでしかありません。 また、お酒が飲めないということでウーロン茶を頼む女性がいます。それは別にいいんです。でも、ウーロン茶にもお金がかかっています。同じノンアルコールであれば、2杯に1杯ぐらいは、お金のかからない水を注文するぐらいの配慮が必要でしょう」 ■3:リアクションが薄い 「沈黙は金なり……と言いますが、上司との飲みの席では話は別です。 先方がせっかく連れてきてくれたお店。そこが行きつけの自信のある店だったとしたら、何のリアクションもないあなたにガッカリするはず。“美味しい!”、“こんなの初めて食べました!”と大げさにでも言ってあげましょう」 ■4:家庭の話をふる 「とくにお金を持っている地位のある方は、家庭に複雑な事情を抱えている人が多いです。 そこで、奥さんや子供の話題などをふってしまうと、急に我に返ってしんみりとした雰囲気になりかねません。そんな重たい空気の中でお酒飲むのは、お互いにとって苦痛。上司の方から切り出してくるまでは、家庭の話題は避けた方がいいですね」 以上、“上司との飲みの席で絶対やってはいけないこと”についてお伝えしたが、いかがだろうか? できる相手ほど、視野が広く、厳しい目を持っていると言える。自分が無意識のうちに取ってしまった行動に目を付けられ、咎められることもあるだろう。 とはいえ酒の席、相手も楽しく過ごしたいと思っているはず。思わぬ説教を受けないよう、マナーを守ってもてなして、気分よく酔ってもらおう。